福祉有償運送

更新日:

福祉有償運送とは

 福祉有償運送は、タクシー等の公共交通機関によっては要介護者、身体障害者等に対する十分な輸送サービスが確保できないと認められる場合に、NPO、公益法人、社会福祉法人等が、実費の範囲内であり、営利とは認められない範囲の対価によって、乗車定員11人未満の自家用自動車を使用して会員に対して行うドア・ツー・ドアの個別輸送サービスをいい、この福祉有償運送を行う場合には、運輸支局長等の行う登録を受ける必要があります。

運送の実施主体

 福祉有償運送を行うことができるのは、NPO法人のほか、公益法人、農業協同組合、消費生活協同組合、医療法人、社会福祉法人、商工会議所、商工会です。

利用できる対象者

 次の者のうち、他人の介助によらずに移動することが困難であると認められ、かつ、単独でタクシー等の公共交通機関を利用することが困難な者であって、運送しようとする旅客の名簿に記載されている者及びその付添人となります。


1 身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者
2 介護保険法第19条第1項に規定する要介護認定を受けている者
3 介護保険法第19条第2項に規定する要支援認定を受けている者
4 その他肢体不自由、内部障害、知的障害、精神障害、その他の障害(発達障害、学習障害を含む)を有する者

※3および4に該当する旅客には、付き添い、見守り等の介助なしにはタクシー等の公共交通機関の利用が困難な者を含みます。

利用する場合には

 福祉有償運送を実施している事業所への登録が必要となります。事業所によって登録方法や利用料金に違いがありますので、下記の相談窓口サイト(外部リンク)などから詳しい内容を確認したうえで、登録手続きをしてください。

湘南西部地区福祉有償運送運営協議会

 福祉有償運送の必要性、旅客から収受する対価その他の福祉有償運送を行うために必要となる事項について協議を行います。

 大磯町では、近隣の平塚市、伊勢原市、秦野市、二宮町と共同で湘南西部地区福祉有償運送運営協議会を設置しています。

湘南西部地区福祉有償運送運営協議会設置要綱(PDF:190.9KB)

第33回湘南西部地区福祉有償運送運営協議会を開催します

 福祉有償運送を実施するためには、道路運送法第79条に定める「国土交通大臣の登録」を受けることが必要とされており、その前提条件として、福祉有償運送運営協議会において、個々の申請についての必要性が認められなければなりません。
 本協議会では、福祉有償運送の必要性等、福祉有償運送を行うために必要となる事項についてを協議しており、その会議は公開で行われています。

日 時

平成30年6月29日(金曜日) 14時00分~16時30分(開場13時40分)

会 場

大磯町保健センター2階研修室

議 題

・道路運送法第79条の2に基づく新規登録申請について

・道路運送法第79条の6に基づく更新申請および道路運送法第79条の7に基づく新規登録申請について

・道路運送法第79条の6に基づく更新申請について

・道路運送法第79条の7に基づく変更登録申請について

・平成29年度福祉有償運送実績報告について

・その他

※ 傍聴ご希望の方は13時50分までに会場にお越しください。

 

制度の概要や申請方法・相談窓口や申請窓口など

神奈川県「神奈川県の福祉有償運送について」

かながわ福祉移動サービスネットワーク

お問い合わせ先
町民福祉部 福祉課 地域福祉係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:303,314)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ