大磯町立学校食物アレルギー対応マニュアル

更新日:2019年05月10日

マニュアル策定に寄せて

 学校生活における食物アレルギー対応は、食物アレルギーのある児童生徒の増加に伴い、重要な課題となっています。特に、こうした疾患には、長期にわたり管理を要する側面があるとともに、場合によっては生命にかかわるという側面もあります。

 このような考え方を踏まえ、学校における食物アレルギー疾患対策については、(公財)日本学校保健会がアレルギー疾患の子どもが安全・安心に学校生活を送ることができるよう、平成20年3月に「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」(以下、「ガイドライン」と呼ぶ。)を作成しました。このガイドラインでは、児童生徒のアレルギー疾患の状態と管理における共通理解のため、「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」を示し、アレルギー疾患の児童生徒に対する学校での取り組みを推進しています。

 次いで、文部科学省では、平成27年3月、「学校給食における食物アレルギー対応指針」(以下、「対応指針」と呼ぶ。)を各学校に配付しました。この指針には、学校給食における食物アレルギー対応の原則的な考え方として、最優先されるべきは、“安全性”であること、原因食物を「提供するかしないかの二者択一」を原則的な対応とすること等が示されています。

 こうした流れを踏まえ、このたび、大磯町教育委員会では、アレルギーを有する児童においても、給食時間を安全にかつ楽しんで過ごすことを目標として、各学校の安全対策を統一し、ガイドラインおよび対応指針に基づき、給食における食物アレルギー対応全体の安全性向上をめざし、「大磯町立学校食物アレルギー対応マニュアル」(以下、「マニュアル」と呼ぶ。)を定めることとしました。

 このマニュアルの活用を通じて、今後とも、大磯町立学校のアレルギー疾患のある児童生徒が、安心・安全に学校生活を送れるよう努めてまいります。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 教育部 学校教育課 教育指導係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:325,332)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ