障害者差別解消法

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)

 この法律は、障がいのある人とない人が分け隔てられることなく、お互いに人格と個性を尊重しあって共に暮らせる社会を実現するために制定され、国や地方の行政機関や民間事業者は正当な理由なく、障がいを理由として差別することが禁止され、国や地方の行政機関は、障がいのある人から何らかの配慮を求める意向があったときは必要な対応(合理的配慮)をすることが義務づけられました。(民間事業者は努力義務)

 大磯町の職員が適切に対応できるよう「職員対応要領」を作成しました。

 

大磯町障がいを理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(PDF:145.4KB)

大磯町職員対応要領に係る留意事項(PDF:253.9KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。