大磯町障がい者福祉計画

更新日:


平成17年3月、町では障がい者福祉ニーズに対応するため、「障がいのある人も障がいのない人も地域の中で支え合い、共に生きるまちづくり」を基本理念とする「大磯町障害者福祉計画」を策定しました。
平成18年4月に施行された障害者自立支援法により、「障害福祉計画」の策定が位置づけられ、平成19年3月に、「障害福祉計画 」の策定と合わせて「大磯町障害者福祉計画」を障害者自立支援法の趣旨を考慮した中で改訂しています。
平成24年3月、第3期障がい福祉計画の策定に合わせ、平成19年3月に改訂した大磯町障害者福祉計画の改訂を行いました。                                                              今回、「障がい者計画」及び「第3期障がい福祉計画」が同時に計画期間終了するため、障害者基本法及び障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(通称:障害者総合支援法)に基づく、「第2次障がい者計画」及び「第4期障がい福祉計画」を策定しました。
今後とも、国や県の制度改正にも柔軟に対応しながら、本計画を着実に推進し、目標値の達成を図るとともに、障がい者の自立支援や社会参加の促進、障がい福祉環境の整備に努めてまいります。 

計画の概要

計画の趣旨

障害福祉サービスの充実と各種施策が連携した取り組みをより一層深め、障がい者施策の総合的かつ計画的な推進を図ることを目的としています。

計画の期間

「第2次大磯町障がい者計画」                                       平成27年度~平成32年度(6年間)

「第4期大磯町障がい福祉計画」
平成27年度~平成29年度(3年間) 

詳細はこちらをクリックすると確認できます。

大磯町障がい者福祉計画(PDF:3.9MB)

第5期 障がい福祉計画等の策定に向けて

平成27年度~平成29年度までの「第4期障がい福祉計画」の計画期間が終了するため、平成29年度中に「第5期障がい者計画」等の策定を進めています。

次期計画に反映させるため、障がいをお持ちの方々を対象にアンケート調査を行いました。

 

大磯町障がい者福祉計画策定のためのアンケート調査(PDF:345.2KB)