取組み経過

更新日:

主な議会改革・議会活性化取組み状況

 議会活性化の取組みとして、これまで実施してきた内容、及び実績等に対する評価をご紹介いたします。

主な議会活性化の取組み事例(平成16年以降)
実施月 内容
平成29年9月 ○総務建設常任委員会において、調査・研究テーマ
「まちづくり」を決定
○福祉文教常任委員会において、調査・研究テーマ
「少子高齢化社会に対する福祉行政」を決定
平成29年9月 ○議会運営委員会において、
「議会改革に向けて検討を進める事項」を決定(※2)
平成29年3月 ○3月定例会から
 一般質問でパワーポイントを活用
平成28年2月 ○全国町村議会議長会より「特別表彰」を受ける(神奈川県内初)
平成28年2月 ○議会運営委員会において、
 「議会改革に向けて継続して検討を進める事項」を決定(※)
平成27年9月 ○総務建設常任委員会において、調査・研究テーマ
 「公共施設の再配置等」を決定
○福祉文教常任委員会において、調査・研究テーマ
 「少子高齢化社会に対する福祉教育行政」を決定
平成26年12月 ○12月定例会において、大磯町議会初となる議員提案による
政策提言型「大磯町省エネルギー及び再生可能エネルギー
利用の推進に関する条例」を可決
平成26年11月 ○議会報告会において、「(仮称)大磯町省エネルギー及び再生可能
エネルギー利用の推進に関する条例(素案)」を説明、意見をいただく
 また、議員の説明にパワーポイントを導入
平成26年10月 ○「(仮称)大磯町省エネルギー及び再生可能エネルギー利用の推進に
関する条例(素案)」に対し、パブリックコメントを実施
平成26年9月 ○決算特別委員会において、初めて議会による事務事業評価を実施
平成26年6月 ○大磯町環境審議会と一般会議を開催し、自然エネルギー導入推進の
ための条例制定の調査研究状況を報告、意見交換を行う
平成26年6月 ○早稲田大学マニフェスト研究所「議会改革度調査2013」において、
町村1位(全国14位)となる
平成26年5月 ○議会報告会において、自然エネルギー導入推進のための条例制定の
調査研究状況を報告
平成25年12月 ○12月定例会の議案審議において、一問一答方式を導入
平成25年10月

○議員研修会を開催
講師は、法政大学・舩橋晴俊教授
テーマは、自然エネルギーの導入推進に向けた制度の整備について

講演録 (PDF:585.7KB)

平成25年9月 ○議会運営委員会において、
 「議会改革に向けて継続して検討を進める事項」を決定(※)
○総務建設常任委員会において、調査・研究テーマ
 「自然エネルギーの導入推進に向けた制度の整備」を決定
○福祉文教常任委員会において、調査・研究テーマ
 「子育て支援について『子ども・子育て支援事業の充実』」、
 「高齢者福祉について『介護保険・老人医療の抑制の方策』」を決定
平成24年9月 ○9月定例会の決算審議において、総括質疑を導入
○平成23年度決算特別委員会において、一問一答方式を導入
平成24年3月 ○平成24年度予算特別委員会において、一問一答方式を導入
平成24年2月 ○議会基本条例に基づき、議員研修会を開催
講師は、法政大学・廣瀬克哉教授
テーマは、議会基本条例の進行管理
平成23年6月 ○本会議の議案等の説明の際に、パワーポイントを導入
(6月定例会から)
平成23年5月 ○議会基本条例に基づき、初の議会報告会を開催
平成22年12月 ○早稲田大学マニフェスト研究所「議会改革度調査2010」において、
町村2位(全国5位)となる
平成22年11月 ○議員報酬等検討特別委員会を設置し、議員報酬のあり方を審査
平成23年6月定例会で審査結果を報告(全7回開催)
平成21年11月 ○議会基本条例を施行
○議会基本条例に基づき、初の一般会議を開催
平成21年8月 ○会議録作成に議事録作成支援システムを導入
  ○第4回(7月24日)臨時会において
議案第36号「大磯町議会基本条例」を議員提案し、賛成多数で可決
平成21年7月 ○第3回(7月1日)臨時会において
議案第35号「大磯町旧吉田茂邸再建基金条例」を議員提案し、
賛成多数で可決
平成21年2月 ○総括質疑で再質問を認め、持ち時間は1人40分とする
平成20年9月 ○委員会付託議案の委員長報告に対し、原則、質疑を行わないこととする
平成20年6月 ○第1委員会室に、ワイヤレスのマイクロフォンシステムを整備
○図書館で本会議DVDの貸し出しを開始(6月定例会から)
平成20年5月 ○議会会議録検察システムに、本会議に加え委員会会議録を掲載
(平成19年以降)
平成20年2月 ○全国町村議会議長会より「表彰」を受ける
平成19年12月 ○一般質問に一問一答方式を導入
平成19年7月 ○議員が18人から14人となる(前年6月の条例改正による)
○常任委員会数を3常任委員会から2常任委員会へ変更
平成19年6月 ○議会会議録検索システムを導入(平成18年本会議会議録から掲載)
平成19年4月 ○政務活動費を12万円から18万円に増額
平成18年9月 ○議会図書室にパソコンを設置
○決算特別委員会の全会計説明を本会議場で行う
平成18年6月 ○平成19年6月の一般選挙より、議員定数を18人から14人に削減する
ことを可決
平成18年3月 ○予算特別委員会の全会計説明を本会議場で行う
平成17年9月 ○一般質問における質問回数制限を撤廃
平成17年4月 ○議会選出委員会等委員(充て職)を辞退(法令等に定められるものを除く)
平成16年12月   ○一般質問に対面方式を導入し、質問席を設ける
平成16年9月 ○ケーブルテレビによる本会議の生中継・再放送を開始
平成16年4月 ○議員報酬の削減、費用弁償の廃止
○議会だよりに、議員ごとの議案等賛否結果を公表(3月定例会から)

 

(※)議会改革に向けて継続して検討を進める事項

(1)常任委員会の審査・調査活動の推進(実施継続中)
(2)議会の本会議における議案審議の質疑方式(実施継続中)
(3)一般会議の推進(実施継続中)
(4)議会報告会の推進(実施継続中)
(5)議会における自由討議の推進(実施継続中)
(6)通年議会の継続した検討(検討継続)
(7)予算・決算特別委員会の審査における事務事業評価の活用(実施継続中)
(8)議会における議員研修及び政策研究の充実(実施継続中)
(9)「政務活動費の手引き」の見直し(実施継続中)
(10)議会運営申し合わせ事項等の整理(作成済)
(11)パワーポイントの活用(試行実施中)

※各項目の詳細は、次のページから確認できます。

改革継続検討事項(PDF:178.8KB)

(※2)議会改革に向けて検討を進める事項

(1)常任委員会の審査・調査活動の推進(実施中)
(2)議会の本会議における議案審議の質疑方式(実施中)
(3)一般会議の推進(実施中)
(4)議会報告会の推進(実施中)
(5)議会における自由討議の推進(実施中)
(6)通年議会の継続した検討(未実施)
(7)予算・決算特別委員会の審査における事務事業評価の活用(休止中)
(8)議会における議員研修及び政策研究の充実(実施中)
(9)議会運営申し合わせ事項等の整理(実施中)
(10)パワーポイントの活用(実施中)
(11)ICT化の取り組み(未実施)
(12)政務活動費の透明性向上に向けた取り組み(未実施)
(13)災害時における議会対応(未実施)
(14)議会ホームページの充実(未実施)
(15)傍聴をしやすくするための工夫(未実施)
(16)住民モニターの活用(未実施)
(17)陳情の取扱基準の見直し(未実施)

※各項目の詳細は、次のページから確認できます。

改革検討事項(PDF:222.6KB)

進捗状況

改革継続検討事項の進捗状況(平成29年4月)(PDF:240KB)

町政への監視機能

 大磯町議会基本条例では、二元代表制の一翼である議会が担う「行政の監視機関」としての役割の重要性を明記しています。
 平成21年以降の主な取組み事例について、ご紹介します。

 

主な取組み事例(平成21年以降)
実施月 内容
平成29年9月 ○9月定例会において
議案第32号「平成28年度大磯町一般会計歳入歳出決算の認定について」
を不認定
平成29年9月 ○平成28年度決算審査に当たり、現地確認を実施
平成29年3月 ○平成29年度予算審査に当たり、現地確認を実施
平成28年9月 ○平成27年度決算審査に当たり、現地確認を実施

○平成27年度決算(決算特別委員会)において
前年に引き続き、議会による事務事業評価を実施
観光振興対策事業
平成28年3月 ○平成28年度予算審査に当たり、現地確認を実施
平成27年9月 ○平成26年度決算(決算特別委員会)において
前年に引き続き、議会による事務事業評価を実施
(2常任委員会から1事業ずつ選定)
総務建設常任委員会:公園緑地維持管理事業
福祉文教常任委員会:子育て支援総合センター運営事務事業
平成26年9月 ○平成25年度決算(決算特別委員会)において
初めて議会による事務事業評価を実施(2常任委員会から1事業ずつ選定)
総務建設常任委員会:都市交通推進事業
福祉文教常任委員会:支援教育推進事業
平成26年6月 ○6月定例会において
議案第29号「工事請負契約の締結について」を賛成者少数で否決
平成25年3月 ○3月定例会において
議案第21号「平成25年度大磯町一般会計予算」に対する修正案を提出、
可決
○予算特別委員会において、自由討議を実施
平成24年12月 ○12月定例会において
議案第60号「平成24年度大磯町一般会計補正予算(第7号)」に対する
修正案を提出、可決
平成24年9月 ○9月定例会において
議案第41号「平成23年度大磯町一般会計歳入歳出決算の認定について」
を不認定
平成24年6月 ○6月定例会において
議案第32号「平成24年度大磯町一般会計補正予算(第3号)」を賛成者少数
で否決
平成24年3月 ○3月定例会において
決議案第1号「議案第14号平成24年度大磯町一般会計予算に対する付帯
決議」を提出、可決
平成23年10月 ○第3回(10月27日)臨時会において
議案第56号「平成23年度大磯町一般会計補正予算(第3号)」に対する
修正案を提出、賛成者少数で否決
平成23年5月 ○6月定例会において
議案第35号「平成23年度大磯町一般会計補正予算(第1号)」に対する
修正案を提出、賛成者少数で否決
平成23年1月 ○1月20日臨時会において
議案第1号「大磯町長等の給与に関する条例及び大磯町教育委員会
教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例」
を賛成者少数で否決
平成22年11月 ○第2回(11月16日)臨時会において
議案第58号「平成22年度大磯町一般会計補正予算(第3号)」に対する
修正案を提出、可決
平成22年9月 ○9月定例会において
議案第40号「平成22年度大磯町一般会計補正予算(第2号)」に対する
修正案を提出、可決
平成21年12月 ○12月定例会において
(1)継続審査となっていた議案第47号~52号の「平成20年度大磯町
6会計の歳入歳出決算の認定について」、議案案第52号「平成20年度
大磯町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について」を不認定、
その他の5会計を認定
(2)議案第62号~68号施設使用料・利用料に関する8つの条例改正を
継続審査とし、福祉文教常任委員会へ付託
(3)議案第75号「大磯町立の中学校等の設置に関する条例の一部を
改正する条例」に対する修正案を提出、可決
(4)議案第76号「財産の取得について」を賛成者少数で否決
平成21年10月 ○第5回(10月28日)臨時会において
(1)議案第57号「平成21年度大磯町一般会計補正予算(第4号)」
を賛成者少数で否決
平成21年9月 9月定例会において
(1)議案第41号「平成21年度大磯町一般会計補正予算(第3号)」
に対する修正案を提出、可決(9月1日)
(2)再議「議案第41号平成21年度大磯町一般会計補正予算(第3号)
の再議について」を賛成者少数で否決(9月11日)
(3)再議後、議案第41号「平成21年度大磯町一般会計補正予算(第3号)」
に対する再修正案を提出、可決(9月28日)
(4)議案第47号~52号の「平成20年度大磯町6会計の歳入歳出決算の
認定について」を継続審査とする(9月28日)
平成21年7月 ○第4回(7月24日)臨時会において
ごみ処理広域化検討特別委員会を設置
(平成23年6月定例会で審査結果を報告・全11回開催)
○第3回(7月1日)臨時会において
(1)議案第35号「大磯町旧吉田茂邸再建基金条例」を議員提案し、
賛成多数で可決
(2)決議案第5号「旧吉田茂邸再建に関する決議」を提出、可決
平成21年6月 ○6月定例会において
(1)決議案第4号「可燃ごみ収集事業者決定についての調査に関する決議」
を提出、可決
(2)100条委員会「可燃ごみ収集事業者決定に関する調査特別委員会」
を設置(平成22年6月定例会で審査結果を報告・全11回開催)
平成21年4月 ○第1回(4月28日)臨時会において
(1)議案第24号「旧吉田茂邸再建基金条例」を賛成者少数で否決
(2)旧吉田茂邸再建特別委員会を設置(全6回開催)
(3)決議案第2号「大磯町と国際学園との契約の白紙撤回を求める決議」
を提出、可決
(4)決議案第3号「大磯町長三好正則君の不信任決議」を提出、賛成者少数
で否決
平成21年3月 ○3月定例会において
(1)議案第9号「平成20年度大磯町一般会計補正予算(第3号)」
に対する修正案を提出、賛成者少数で否決
(2)議案第21号「不動産の取得について」を賛成者少数で否決
(3)決議案第1号「万台こゆるぎの森整備活用事業者選定評価について
の調査に関する決議」を提出、賛成者少数で否決

 

※取組み事例の詳しい内容等は、議会だよりから確認できます。

議会だより

 

 

お問い合わせ先
議会事務局 議事調査係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:281,292)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ