町内コンビニエンスストアへのAED設置について(平成27年7月27日記者発表)

更新日:

 町では、新たに町内のコンビニエンスストア5店舗にAEDを設置します。

内容

 町内には、全ての公共施設をはじめ民間企業等に、86基のAED(自動体外式除細動器)が設置されていますが、地域住民への救命講習会を実施する中で、「休日や夜間は閉まっていて使用できない」、「路上でAEDが必要な人が出たときに設置場所が分からない」など、使用時における課題への対応が求められていました。

 そのため、24時間営業のコンビニエンスストアに設置することで、緊急時には休日夜間を問わず使用可能となるよう、コンビニチェーン各社と協定を締結し、平成27年度は町内のコンビニエンスストア11店舗のうち5店舗にAEDを設置します。

 

使用方法

 協力店舗には入り口にステッカーを貼り、AEDが設置されていることを知らせ、AEDが必要な場合は、店員に申し出ることで借りることができます。

 

設置店舗入り口ステッカー

設置店舗入り口ステッカー

設置するAED

設置するAED

使用開始日  

 平成27年8月1日(土曜日)

 

協定の締結先

 株式会社ファミリーマート、株式会社スリーエフ、株式会社セブン‐イレブン・ジャパンの各社と「コンビニエンスストアへの自動体外式除細動器の設置及び受渡し業務委託に関する基本協定書」の締結により、チェーン店5店舗のわかりやすい場所にAEDが設置されます。

 なお、AEDはリース方式で設置に係る費用のほか、使用したパット等の交換については町が全額負担します。

※自治体がコンビニと連携しAED設置を進める取り組みは、県内では大和市と厚木市の一部店舗に導入していますが、町村では初めての取り組みとなります。

 

今後の取り組み

 心肺停止状態になると、1分経過するごとに救命率が低下するため、一刻も早く心臓に電気ショックを与える「除細動」と「心肺蘇生法」が必要となります。

 地域のランドマークとなるコンビニへのAED設置は、緊急時の利用促進と救命率の向上が期待されるため、来年度以降についてもAEDの設置店舗を増やすとともに、設置店舗を含め地域での救命講習会を開催する予定です。

※AEDの使い方や心肺蘇生法を、多くの方に習得してもらうため、今年度より3時間の「普通救命講習」に加え、90分の「救命入門コース」を開催しています。

 

AED設置店舗

  1 スリーエフ大磯駅前店      4 セブンイレブン大磯国府本郷店

  2 ファミリーマート大磯店     5 セブンイレブン大磯生沢店

  3 スリーエフ西小磯店

設置店舗

お問い合わせ先
消防本部 消防署
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1075
電話番号:0463-61-0911
ファックス:0463-61-7412
メールフォームによるお問い合わせ