職員がゲートキーパー講習を受講します スポーツ健康課(平成25年7月2日発表)

更新日:

町のみなさんのこころの支えになれるよう町職員がゲートキーパー養成研修を受講します

 大磯町では、年間10人程の自殺者があり、自殺率は県内でも上位となっています。そこで大磯町役場では、来庁者を始め町民の方々や、身近な同僚や家族の変化に気づき、本人の気持ちを尊重して耳を傾け、必要な支援につなげて見守る「ゲートキーパー」になるべく、全職員を対象に養成研修を実施いたします。
 「ゲートキーパー」とは、こころに不調を抱える方、自殺に傾く人のサインに気づき、対応することができる人のことであり、「人に悩みを言えない」、「どこに相談に行ったらよいか分からない」、「どのように解決したらよいか分からない」等の悩みを抱えた人を支援するために、周囲の人々がゲートキーパーの役割を果たすことが必要とされており、今後は町民のみなさんを対象とした養成研修会も企画してまいります。

自殺率

人口10万人当たりの自殺者数
平成22年 大磯町 33.3人 (3位)
平成23年 大磯町 30.3人 (6位)
注)( )内は33市町村中の順位

日時

平成25年7月3日(水曜日)及び7月4日(木曜日) (1講座90分間)
いずれも10時~11時30分、13時~14時30分

場所

大磯町保健センター2階 研修室

講師

神奈川県精神保健福祉センター自殺対策担当ほか

お問い合わせ先
町民福祉部 スポーツ健康課 健康増進係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:308,309,310,319)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ