防潮堤門扉閉鎖訓練を実施します 危機管理対策室(平成25年5月1日発表)

更新日:

防潮堤門扉閉鎖訓練

目的

 本町には、大磯港に防潮堤が築かれ、12箇所(1号~12号)に門扉が設置されており、うち大型の3門扉(1・2・9号)については電動化がされています。
 門扉は、神奈川県から管理を委託されており、地震発生時には沿岸地域を津波から守るため、迅速かつ安全に門扉を閉鎖する必要があります。
 東日本大震災では津波の襲来に備え、門扉の閉鎖作業に携わっていた消防団員等に多数の死者が出るなど、操作作業の従事者に対する安全対策が求められております。
 平成25年3月に改定した地域防災計画では、残る門扉の電動化や防潮堤の階段化等の検討とあわせ、門扉の操作に係る行動マニュアルの作成を行うこととしています。
 そのため、大磯警察署をはじめ関係団体の協力を得て、港湾区域内における利用者の避難確認から、門扉閉鎖までの訓練を行います。(避難行動訓練は別途実施予定)

閉鎖門扉

1号門扉及び9号門扉(位置図参照)

日時

平成25年5月21日(火曜日) 午後4時から午後5時まで

交通規制

  • 1号門扉 午後4時00分から4時30分まで
  • 9号門扉 午後4時30分から5時00分まで

注意)上記の時間帯で門扉閉鎖時間中は通行止めになります。

参加機関等

大磯町、大磯町消防本部、平塚土木事務所、大磯警察署ほか

参考)大磯港及び海水浴場の利用者を対象とした「海水浴場等津波避難訓練」は、神奈川県津波対策訓練にあわせ7月13日(土曜日)に実施を予定しています。

 

防潮堤門扉位置図(PDF:523.5KB)

お問い合わせ先
政策総務部 危機管理課 危機管理係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:241,244)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ