学校法人国際学園と災害時における協力体制に関する協定を締結しました(平成29年12月8日記者発表)

更新日:

締結の背景

 大規模災害が発生した場合、町及び防災関係団体のみの対応では、災害活動や応急・復旧対策等は困難な状況となることが考えられます。町ではこれまで関係機関や団体と協定を締結し、災害に備えてきましたが、この度、学校法人国際学園と「災害時における協力体制に関する協定」を締結しました。

協定名

「災害時における協力体制に関する協定」

協定締結日

平成29年12月1日(金曜日)

協定の目的

 災害時に、町民、在勤者等の安全確保や生活復旧等の応急対策を迅速に行うための、協力体制について必要な事項を定める。

締結の概要

場所 大磯町国府本郷1805番地の2

施設名 学校法人国際学園 星槎湘南大磯キャンパス

協力内容

(1)避難施設として利用できる施設の提供

(2)施設に収容した被災者への避難生活支援

(3) 被災者支援のための学生・職員の要員確保

(4)災害応急対策に係る学園所有の資機材の提供

(5) ボランティア活動拠点として利用できる施設の提供

(6)その他協議による必要な事項

大磯町と学校法人国際学園との関係について

 当該地の「万台こゆるぎの森」は、学校法人国際学園の提案した整備活用計画が平成20年5月に選定され、事業が始まりました。
 平成23年3月に東日本大震災が発生し、町は官民協力の防災体制の連携・強化が課題であり、学校法人国際学園と防災の協力体制について協議を重ね、協定の締結となりました。

お問い合わせ先
政策総務部 危機管理課 危機管理係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:241,244)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ