大磯町公共施設等総合管理計画の策定について(平成29年3月29日記者発表)

更新日:

 町の公共施設は、施設の老朽化に伴い、今後、維持管理費用や改修、建替に多額の費用を要することが予想されます。

 こうした課題を解決するためには、将来の人口推計や中長期的な財政状況などを踏まえ、道路や橋梁などのインフラを含めた町の公共施設全体の管理計画を策定し、計画に基づいた取組を進めることが重要になります。

 そのため、持続可能で適正な施設規模を目指すとともに、予防保全による財政負担の平準化等に資するため、公共施設等の総合的かつ計画的な管理の考え方と基本方針を方向づける「大磯町公共施設等総合管理計画」を策定しました。

 

1.公共施設等の総量(対象施設)

○公共建築物:62施設、延床面積65,982.29平方メートル  ○道路:130.6km

○橋梁:72橋  ○下水道:106.9km  ○公園:48箇所  ○トンネル:315m

2.公共施設等の管理に関する基本的な方針《6つの基本方針》

(1)公共施設等の総量を減らす

(2)公共施設等の長寿命化を図る

(3)公共施設の再編・利活用を促す

(4)個別施設のコスト縮減努力を行う

(5)持続可能に投資的経費を平準化する

(6)施設の適正な有効利用を図る

 

3.数値目標の設定

◆公共建築物の削減数値目標~今後30年間で将来人口の変化に即して、利用状況と将来需要に見合うよう、更新時期に合わせ延床面積を15%削減する。

◆インフラ施設の数値目標~住民生活への影響が大きく、削減することは難しい。よって、長寿命化等によって、使用できる年数を延長し、ライフサイクルコストの縮減を図る。

 

4.大磯町公共施設等総合管理計画関連ページ

大磯町公共施設等総合管理計画

 

お問い合わせ先
政策総務部 総務課 公共施設係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:209)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ