平成29年4月1日付人事異動について(平成29年3月24日記者発表)

更新日:

◎ 「決断」と「実現」をテーマに「ひとづくり」と「まちづくり」を展開するた
めの体制づくり


◎ 長年本町の職員として培った知識や経験を有する再任用職員を採用

 平成29 年度の人事異動では、施政方針に基づき、今まで進めてきた施策や事業を継続し、更に充実させるとともに、「決断」と「実現」をテーマに「ひとづくり」と「まちづくり」を展開するため、適材適所の職員配置を実施します。
また、定員適正化計画に基づく職員260 人体制を維持しつつ、長年本町の職員として培った知識・経験を有する再任用職員や専門的な知識や経験を有する任期付職員を採用し、多様な雇用形態の導入による柔軟な人材活用を図ります。
今回の異動人数は、部長級8人、課長級17 人、副主幹級8人で、全体で143 人に異動を発令します。また、3月31 日付で24 人(任期付含む)が退職します。

 

総合計画後期基本計画の着実な推進と継続した取組みを踏まえ、6つの重点事項に力点を置いた施策を展開するための体制を強化します。

1.「子育て」については、子育てで選ばれる町を目指して、支援・相談体制の充実を図るため、推進体制を強化します。
2.「教育」については、次世代を担う子どもたちの「いのち」と「こころ」を輝かせる施策を継続するため、組織体制を強化します。
3.「健康」については、町民の健康寿命の延伸を目指し、未病対策と全身の健康の保持を増進するため、推進体制を強化します。
4.「観光」については、旧吉田茂邸とともに核となる大磯港周辺の賑わいの創出を図るため、連携・推進体制を強化します。
5.「防災・減災」については、災害でひとりの死者も出さない町を目指し、自助共助による地域防災力の向上を図るため、推進体制を強化します。
6.「農業」については、農家の方々の営農意欲の向上を目指し、鳥獣害対策の推進と農地の有効活用を促進するため、組織体制を強化します。
 

組織体制の強化を最優先に考慮し、長年本町の職員として培った知識・経験を有する再任用職員や専門的な知識や経験を有する任期付職員を採用し、多様な雇用形態の導入による柔軟な人材活用を図ります。


 

本町と神奈川県に係る政策的な事業の推進のため、道路及び都市計画・まちづく
りの分野において、県との人事交流を実施します。また、内閣府(防災担当)が実
施する平成29 年度「防災スペシャリスト養成研修」(国と地方の防災を担う人材の
育成)事業へ職員を派遣し、人材育成を図ります。


(参考)
主査級21 人、主任主事級15 人、主事級48 人、主事補級26 人(任期付含む)

内示書H29年4月1日(部課長級まで)(PDF:109.2KB)

内示書H29年3月31日(部課長級まで)(PDF:61.1KB)

お問い合わせ先
政策総務部 総務課 総務法制係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:210,211,212)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ