大隅良典氏を大磯町の名誉町民に!~選考委員会からの答申~(平成28年11月15日記者発表)

更新日:

~「推戴(すいたい)することは妥当」選考委員会から答申~

 10月3日(月曜日)に発表された大隅良典氏(東京工業大学栄誉教授)のノーベル生理学・医学賞の受賞を受け、11月7日(月曜日)に「大磯町名誉町民選考委員会」を開催しました。

 当日、大磯町長が選考委員会へ諮問し、選考委員会で審議を行った結果、「名誉町民に推戴することは妥当」との答申をいただきました。

 今後は、大磯町名誉町民条例に基づき、11月29日(火曜日)から開催される大磯町議会12月定例会に議会の同意を求める議案を提出する予定であり、同意が得られれば同氏に名誉町民の称号を贈ることになります。

 なお、名誉町民の称号を贈ることが決定した場合、名誉町民称号伝達式を執り行う予定でいますが、日程や場所等については決定後に調整する予定です。 

諮問の事由《諮問書より抜粋》

 研究の場所を東京工業大学に移した平成21年から大磯町に居を構えている大隅良典氏は、生物学者として特に分子細胞生物学などの分野において活躍されており、この分野のけん引者として日本では最も権威ある日本学士院賞を受賞、この他にも多くの栄誉ある賞を受賞されるなど、輝かしい功績を残しています。

 そして、細胞が不要になったタンパク質などを分解する「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明した卓越した成果が認められ、今年のノーベル生理学・医学賞を受賞されました。日本人のノーベル賞受賞は3年連続で25人目、生理学・医学賞の受賞は去年の大村智氏に続き4人目という快挙です。これらの功績はたいへん偉大であり、大磯町名誉町民の称号を贈呈するに相応しいと考えます。 

答申の理由《答申書より抜粋》

 諮問の事由のとおりであり、名誉町民に推戴することは妥当である。 

大磯町名誉町民選考委員会

 大磯町区長連絡協議会副会長(選考委員会会長)、大磯町民生委員児童委員協議会会長、大磯町教育委員会教育長職務代理者、大磯町商工会長、大磯町副町長(計5名)

 

お問い合わせ先
政策総務部 政策課 政策係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:213,290)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ