避難所における新型コロナウイルス感染症対策のお願いについて

更新日:2020年08月24日

 現在、新型コロナウイルス感染症による感染が全国的に継続しており、神奈川県でも令和2年4月7日に緊急事態宣言が発令されたところですが、これから出水期を迎えるにあたり、避難所への避難が必要となる大雨や台風などの発生が十分に考えられます。

 町では、風水害の対象となる指定避難所内で新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するために、十分な換気やスペースの確保など可能な限り衛生環境の拡大に努めますが、町民の皆さんにおいても、『避難所への避難が必要かどうか』、十分に検討のうえ、判断をお願いします。

自分の住んでいる場所の危険をあらかじめ確認する

土砂災害ハザードマップ

 このハザードマップは、神奈川県によって指定・公表された土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域及び河川の氾濫による浸水想定区域や避難場所などの避難情報を示したものです。(平成28年3月全戸配布)

土砂災害ハザードマップ(記事面)(PDF:966.7KB)

土砂災害ハザードマップ(地図面)(PDF:1.2MB)

金目川(花水川)洪水浸水想定区域図

 この想定区域図は、神奈川県による「想定し得る最大規模の降雨」を対象とした金目川の洪水浸水想定図の見直しに伴い、町で指定避難所等を書き加え、編集し、作成したものです。(平成30年11月全戸配布)

大磯町金目川(花水川)洪水浸水想定区域図(PDF:649.9KB)

親戚や友人の家などへの避難を検討する

 避難所の過密状態を防ぐため、大雨や台風の接近が予想される場合は、前もって親戚や友人などの家への避難をするなど、検討をお願いします。

健康状態を確認する

 避難所内での感染拡大を防止するために、次のいずれかの症状がある方については避難所への避難を控え、帰国者・接触者相談センター等に連絡し、担当者の指示を受けてください。

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(注意)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (注意)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

相談窓口

帰国者・接触者相談センター (24時間無休)

  • 電話番号  0570-056799 ,  045-285-1015 

神奈川県新型コロナウイルス感染症コールセンター

  • 電話番号 0570-056774 ,  045-285-0536  

音声案内につながります。 

※以下の( )内番号は、音声案内の中で該当する項目を入力するための数字です。

(1)症状のある方、健康・医療に関すること
(9)協力金に関すること
(2)緊急事態宣言、大規模イベント開催に関すること
(3)経営相談に関すること
(4)LINEコロナお知らせシステム、その他のお問い合わせ

 【受付時間】

(1)

平日及び休日(9時00分から21時00分)

(9)

(2)

(3)

(4)

平日(9時00分から17時00分)

 

 詳細については、神奈川県ホームページをご確認ください。

避難所へ避難する場合の注意点

  • 可能な限り各自でマスクを持参する
  • 咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底する
  • できるだけ頻繁に手洗いを行う
  • 発熱や咳などの症状が出た場合は、速やかに施設管理者へ申告する

この記事に関するお問い合わせ先

政策総務部 危機管理課 危機管理係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:241,244)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ