災害時用備蓄食糧を使用したレシピを紹介します

更新日:

 災害はいつ起こるかわかりません。大規模な災害が発生すると、支援物資が届くまでに約3日間かかるといわれています。その間、ご自分とご家族を守るために、飲料水(1人1日3リットル)・食料品・燃料などを少なくとも3日分、できれば1週間分を目安に準備しておきましょう。

どんな食品をそろえたらよいのでしょう?

  • 主食・・・米、アルファー化米、レトルト食品(ご飯、粥など)、乾麺など
  • 主菜・・・缶詰(魚かば焼き、ツナ、やきとり、豆など)、レトルト食品(カレー、シチュー、ミートソースなど)、乾物(高野豆腐)
  • 副菜・・・常温保存できる野菜(じゃがいも、玉ねぎなど)、缶詰(コーン、トマト)、乾物(ひじき、切干大根、干ししいたけ)、粉末スープ、粉末みそ汁
  • 菓子類・飲料・・・チョコレート、あめ、高エネルギーゼリー、フルーツの缶詰、ドライフルーツ、野菜ジュース(一度で食べきり、飲みきりできるものがおすすめです)
  • その他・・・梅干し、ふりかけ、ティーパックなど

乳幼児のいる方は

 母乳が出なくなることもありますので、母乳育児のママも備えましょう。

  • 粉ミルク、哺乳ビン、水(脱水症状になりやすいので多めに!)、ガーゼなど
  • ベビーフード等
  • 食物アレルギーがある場合は、アレルギー用の食品を日頃から多めに

※哺乳ビンのかわりに紙コップと割り箸でミルクを作って紙コップで飲ませることも可能です。

高齢者の方は

 固いものが食べにくく、飲み込みにくい(咀嚼困難な)人には、普段食べ慣れているものや、やわらかい食品を準備しましょう。

 高齢の方は、のどの渇きを感じにくく、脱水症状になりやすいので水は多めに準備し、こまめに飲むようにしましょう。

慢性疾患のある方は

 被災後すぐは、体の状態や症状に合った食品が手に入らないことが多いので、普段使っている食品を余分に買っておくようにしましょう。 

 薬を服用されている方は3日分程度待ち出せるようにしておきましょう。「お薬手帳」があると医療者にスムーズに伝わります。

リーフレット「災害時に困らないための食の備え」(PDF:248.1KB)

備蓄食品をムダにしないために!

 家庭で日常使用している保存性のよい食品を少し多めに「買い置き」しておくだけで備蓄の代わりになります。賞味期限を考えながら計画的に使い、使った分を新たに買い足すようにしましょう。

しかし、計画的に使うといっても、「普段の献立の中で缶詰を使うといつも同じ料理になってしまう。」というお声をよく聞きます。そこで、備蓄の缶詰を利用したレシピを紹介します。

レシピ「帆立と昆布の炊き込みごはん~沖縄ジューシー風~(PDF:139.5KB)

レシピ「火を使わないカレーピラフ」(PDF:185.7KB)

レシピ「サバ水煮缶でトマトカレー」(PDF:142.5KB)

レシピ「鯖味噌煮のお好み焼き」(PDF:149.6KB)

レシピ「さばとトマトのパスタ」(PDF:148.7KB)

レシピ「鮭のロールキャベツ」(PDF:176.3KB)

レシピ「マカロニのトマト煮」(PDF:164.2KB)

レシピ「ツナじゃが」(PDF:160KB)

レシピ「ツナそうめんサラダ」(PDF:142.7KB)

レシピ「ビーンズサラダ」(PDF:177.6KB)

レシピ「さば缶の春雨スープ」(PDF:132.2KB)

レシピ「炊飯器を使ったトマトスープ」(PDF:130.6KB)

レシピ「鍋を使ったさばのキムチスープ」(PDF:155.7KB)

レシピ「小豆入りシリアル」(PDF:127KB)

お問い合わせ先
町民福祉部 スポーツ健康課 健康増進係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:308,309,310,319)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ