離乳食

更新日:

 離乳食に関するお悩みはたくさんあると思います。ここでは離乳食の始めるタイミングや進め方、大人からの取り分けレシピを紹介します。

離乳食開始の目安は?

離乳の開始は、「滑らかにすりつぶした状態の食物を初めて食べた時」をいいます。その時期は5~6ヶ月頃が適当です。

  • 首がしっかりすわり、支えると座れる
  • 家族が食事していると口をモゴモゴ動かし食べたそうにしている
  • よだれがたくさん出る
  • スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

体調が良く、機嫌が良いときにスタート♪

☆ ポイント ☆

♪ 1日1回、なるべく同じくらいの時間で、授乳の前にあげましょう。

♪ なめらかなポタージュ状にした米がゆ1さじから始めましょう。

♪ 離乳食のあとの母乳やミルクは欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

♪ 味付けする必要はありません。素材の味や食感を伝えましょう。

♪ 楽しい雰囲気を作ってあげましょう。

進め方の目安

スタート (PDF:123.6KB)

ステップアップ (PDF:223.4KB)

進め方一覧表 (PDF:112.2KB)

大人からの取り分けレシピ

ごはん (PDF:134.4KB)パン (PDF:149KB)さつまいも (PDF:151.5KB)ほうれん草のお浸し (PDF:166.9KB)ポテトサラダ (PDF:188.7KB)野菜の煮物 (PDF:167KB)みそ汁 (PDF:164.8KB)鯵のムニエル (PDF:179KB)刺身 (PDF:162.2KB)りんご (PDF:145.6KB)

お悩み解決Q&A

 

Q 離乳食を始めたばかりですが、よだれをダラダラ流して、もっと欲しそうなそぶりを見せます。もっとあげてもいいですか?

A このころの赤ちゃんは、消化器官が未熟でいきなりたくさん与えると胃腸に負担がかかってしまいます。初めての食材を与える時は、初日は慎重にしましょう。食べたがり泣いてしまったら、少し抱っこして落ち着かせてから母乳やミルクを与えましょう。

 

Q 離乳食をスタートしましたが、ほとんど口から出してしまい食べてくれません。どうしたらいいですか?

A ごっくん期のころは、10倍かゆを与えることが多いのですが、敏感な赤ちゃんは少しつぶつぶが残っているだけで嫌がります。すり鉢でよくすりつぶしてあげたり、茶こしなどの目の細かいもので裏ごすなどなめらかにしてあげましょう。また、スプーンが嫌いだったり一口量が多かったりして口から出すこともあります。

 

Q 離乳食をつくる時間がなく、ベビーフード(BF)が多くなってしまいがちです。このままでも平気ですか?

A BF(ベビーフード)は衛生面から見て安心です。また、レバーのように調理しづらいものはBFが便利です。メニューも豊富なので栄養バランスを考え、野菜が多めに入っているものを使えば、BFだけでも問題はありません。

しかし、2回食、3回食に進み毎食BFだけでは味気ないし、赤ちゃんもママが食べているものを欲しがるようになります。変化をつけるためにも、大人の料理から取り分けた1品をメニューに加えると喜ぶでしょう。

BFを参考にしてつくったり、BFに一工夫して手づくりものをプラスして活用すると便利ですよ。

相談窓口のご案内

相談窓口のご案内はこちら (PDF:110.7KB)

お問い合わせ先
町民福祉部 スポーツ健康課 健康増進係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:308,309,310,319)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ