指定更新申請の手続き

更新日:2018年11月06日

 平成18年4月の介護保険制度改正により、地域密着型サービス及び地域密着型介護予防サービスを含む介護保険事業所の指定の効力について、原則6年間の有効期間が設けられました。
 このため、事業を継続するためには、6年ごとに指定の更新申請を行う必要があり、有効期間が満了しても更新を行わない場合は指定の効力を失うことになりますので、更新申請を行う時期及び提出期限等については、留意願います。

○ 指定更新申請書(第7号様式)のほかに「付表」、「別紙様式」、「任意様式」等の書類
   の提出は、新規指定申請と同じ書類が必要になりますので、「添付書類一覧表」
   を参照してください。
  また、書類の作成に当たっては「提出書類作成留意事項」を参照してください。

○ 大磯町以外の方が利用している場合は、利用者の市区町村への指定更新申請を忘れずにし
    てください。
  また、大磯町以外の地域密着型サービス指定事業者で大磯町の方の利用がある場合は、大
    磯町へも指定更新申請をしてください。

 

必要書類一覧表

提出書類作成留意事項

指定更新申請書

付表

別紙様式

加算に関する届出書類