大磯町鳥獣被害防止計画について

更新日:

 大磯町内では、イノシシ、アライグマ、ハクビシン、鳥類(カラス、ヒヨドリ、ムクドリ)       などによる農作物被害が深刻な状況にあります。これまでも、有害鳥獣対策による捕獲や、寄せ付けない環境への改善、自衛策による資材の購入費の一部補助など対策を講じてきましたが、被害防止対策の強化を図り、農作物被害の軽減や、生産意欲の向上のため「鳥獣による農林水産業等に係る被害防止のための特別措置に関する法律」に基づき、平成29年5月に「大磯町鳥獣被害防止計画」を策定いたしました。

 計画期間は、平成29年度から31年度までとなっており、概ね3年ごとに見直しがされます。 

大磯町鳥獣被害防止計画(PDF:271.6KB)