伐採及び伐採後の造林の届出制度(伐採届)

更新日:

森林を伐採する場合に届出が必要です。

 森林法第10条の8の規定により、森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務づけられています。

 

伐採および伐採後の造林の届出制度(PDF:227.6KB)

 

対象となる森林

 神奈川県が作成する地域森林計画の対象民有林(森林法第5条第1項)

 ※地域森林計画の対象民有林に該当しているかは、産業観光課でご確認ください。

 

届出対象者

 森林所有者や立木を買い受けた方など

 ※立木の伐採者と伐採後の造林者が異なる場合は、連名で提出します。

 

届出書

・伐採及び伐採後の造林届出書 (下記より様式をダウンロードできます。)

・添付書類 (伐採箇所の区域及び面積が分かる図面)

 

届出期限

 伐採する日の30日以上90日前まで

 

届出先

 伐採する森林の所在する市町村

 

注意事項

・1ヘクタールを超えて森林以外の用途に使用するために伐採をする場合には、林地開発行為となり、神奈川県知事の許可が必要となります。

・森林法に基づく「保安林」に指定されている場合には、神奈川県知事の許可等が必要となります。

 

伐採及び伐採後の造林届出書(WORD:115.3KB)

伐採及び伐採後の造林届出書 (記載例)(PDF:450.9KB)