伐採及び伐採後の造林の届出制度(伐採届)

更新日:

森林を伐採する場合に届出が必要です。

 森林法第10条の8の規定により、森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務づけられています。

 

伐採および伐採後の造林の届出制度(PDF:227.6KB)

 

対象となる森林

 神奈川県が作成する地域森林計画の対象民有林(森林法第5条第1項)

 ※大磯町森林計画図からもおおよその位置を確認することができます。 詳細は産業観光

      課にお問い合わせください。

 

届出対象者

 森林所有者や立木を買い受けた方など

 ※立木の伐採者と伐採後の造林者が異なる場合は、連名で提出します。

 

届出書

・伐採及び伐採後の造林届出書 (下記より様式をダウンロードできます。)

・添付書類 (伐採箇所の区域及び面積が分かる図面)

 

届出期限

 伐採する日の30日以上90日前まで

 

届出先

 伐採する森林の所在する市町村

 

注意事項

・1ヘクタールを超えて森林以外の用途に使用するために伐採をする場合には、林地開発行為となり、神奈川県知事の許可が必要となります。

・森林法に基づく「保安林」に指定されている場合には、神奈川県知事の許可等が必要となります。

 

伐採及び伐採後の造林届出書(WORD:115.3KB)

伐採及び伐採後の造林届出書 (記載例)(PDF:450.9KB)

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書について

 森林法の改正により、届出書に基づき森林の立木を主伐(皆伐、択伐)による伐採後に、造林もしくは森林以外の用途に転用する場合は、森林法第10条の8第2項の規定に基づき、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」を提出する必要があります。

 

報告期間

 伐採後の造林を完了した日、又は伐採後に森林以外の用途に転用する場合には、伐採を完      了した日から30日以内

報告書の記載例(WORD:40.7KB)

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(WORD:14.7KB)

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(PDF:91.8KB)