大磯駅前洋館活用借受人(活用事業者)について

更新日:

大磯迎賓舘と再契約しました!

大磯町では、歴史的建造物の保存を目的とし、大磯駅前洋館(旧木下家別邸及び新館)を取得し、その保全活用を目的として、大磯駅前洋館を民間企業等が有するノウハウや企画力を生かし利活用を行う事業者への賃貸借契約を平成24年度に結びました。
 平成29年7月末に契約が切れることにともない、大磯駅前洋館活用事業者選定委員会での審査を経て、借受人との再契約を次のとおり決定しました。
 

決定した借受人の名称

インターナショナル青和株式会社 (大磯迎賓舘)

代表取締役:竹内秀夫
(東京都渋谷区神宮前五丁目8番8号)

 

貸付期間

契約締結の日から平成34年7月31日まで

注意:定期建物賃貸借契約を締結します。

借受人による大磯駅前洋館活用に係る事業概要

カフェ・レストラン施設、ウェディング施設、イベント施設、カルチャースクール、大磯の歴史建築資料室(仮称)、撮影ロケ地、レンタルスタジオ

大磯駅前洋館活用事業者選定委員会

委員

委員長:神保 裕昭(東海大学観光学部観光学科教授)
副委員:出縄 政美(大磯町区長連絡協議会)
委員:柴田 明彦(大磯町参与)
    稲葉 和也 (元歴史的建造物(大磯駅前洋館)保存活用検討委員会委員長)
    和田 勝巳(大磯町政策総務部長)
    笹山 隆二(大磯町都市建設部長)
    仲手川 孝(大磯町教育委員会教育部長)
    関根 哲也(神奈川県職員)

審査基準

 事業内容について

 ・ 過去五年間の事業は計画通り実施されているか

 ・ 建物の価値を高めるための提案があるか

  ・ 景観への配慮がされているか 

  ・ 町民や大磯町への来訪者への公開の措置が提案されているか

 ・ 新たな大磯町のランドマークになり得るか、など

賃料について

 ・ 提案された賃料は、町への貢献度が高いものであるか

審査

  • 一次審査 応募書類に基づき、事務局において書類審査を実施しました。
  • 二次審査 大磯駅前洋館活用事業者選定委員会において、応募者によるプレゼンテーション審査および財務状況を含め、審査を行い再契約が妥当なものであるを選定しました。

 

借受人の決定

大磯駅前洋館活用事業者選定委員会の選定結果の報告を受け、大磯町長が借受人として決定しました。
 

地図情報

お問い合わせ先
都市建設部 都市計画課 都市計画係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:221,243)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ