罹災証明書の交付について

更新日:

罹災証明書とは

 罹災証明書は、「災害による被害の程度」を証明するものです。

 災害により被災した住家の所有者の方が、被災者生活再建支援金の申請や保険の請求等をする際、町が交付する罹災証明書が必要になる場合があります。

対象となる災害

 災害対策基本法第2条第1号に規定する災害(暴風、竜巻、豪雨、豪雪、洪水、崖崩れ、土石流、高潮、地震、津波、噴火、地滑り 等)が対象となります。

 なお、火災による罹災証明書は、消防署(電話 0463-61-0911)が交付しますので、直接、消防署に連絡してください。

罹災証明書の申請手続

 罹災証明書(火災によるものを除きます。)が必要な方は、罹災証明申請書に必要事項を御記入、押印の上、原則として災害発生の日から60日以内に税務課まで御提出ください。

 なお、町職員が行う住家被害認定調査の前に、建物の除去、被害箇所が分からなくなるような修理・片付け等をする場合は、被害箇所や被害の程度が分かるように写真を撮影し、併せて提出してください。

罹災証明書の交付

 罹災証明申請書の受付後、町職員が、住家の被害の程度(全壊、半壊等)の認定に必要となる調査(住家被害認定調査)を実施します。

 住家被害認定調査の結果に基づき、被害の認定ができたものから順次、罹災証明書を交付します。

 

 

罹災証明申請書(WORD:32.3KB)

罹災証明申請書(PDF:96KB)

お問い合わせ先
政策総務部 税務課 資産税係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:255,256)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ