Loading

利用案内・アクセス

現在の位置

旧吉田茂邸内のご紹介

更新日:

エントランス

 玄関ホール・中庭

玄関入口には壷があり、吉田茂が愛用した杖や帽子が置かれていました。
玄関ホール左手には大型のガラスをはめ込んだ中庭(光庭:こうてい)があり、部屋の中に光を取り入れる構造となっています。
中庭には、橋の欄干に取り付けられていた擬宝珠(ぎぼし)や、イタリア大使から寄贈されたオオシャコ貝が飾られていました。

 旧吉田茂邸の玄関

応接間棟

昭和20年代、吉田茂が内閣総理大臣であった時代に建てられた棟です。
2階の書斎には、官邸直通の黒電話が置かれていました。
また、大磯の船大工が関わったという舟形の浴槽も建物の一部として再現されています。

楓の間

昭和22年(1947)頃、当時内閣総理大臣であった吉田茂が執務室として建てた棟で、1階の部屋は「楓(かえで)の間」と呼ばれていました。部屋には吉田と客人が談話するためのソファーセットが置かれており、応接間も兼ねていました。部屋の飾り棚には、ジョン・ダレス元米国務長官やアデナウアー元西独首相など、吉田に関係する人物の写真が飾られていました。
昭和54年(1979)には大平正芳首相とカーター大統領がこの部屋で日米首脳会談を行いました。

 

楓の間

書斎

吉田茂の私室です。この2階部分は、限られた身内以外は許可なく入ることができない吉田の私的な部屋でした。
掘り炬燵(ほりごたつ)がある空間は、吉田の書斎として使われていました。掘り炬燵の向かいにあるガラス棚下の地袋(じぶくろ)には、吉田邸から首相官邸を直接繋ぐダイヤルのない黒電話が置かれていました。また、北側には舟形の風呂があります。この風呂の作成には、大磯の船大工が関わったといわれています。

書斎

書斎

新館

昭和30年代、吉田茂は海外からの賓客を迎えるため、新館を増築することを決め、著名な建築家・吉田五十八に設計を依頼しました。この新館は、近代数寄屋建築と呼ばれる建築様式をもちい、和と洋が融合された近代的な造りとなっています。
応接間であった「金の間」からは、吉田が愛した富士山だけでなく、箱根の山々と相模湾も一望できる、素晴らしい羨望となっています。また、吉田が最期を迎えた寝室「銀の間」では、亡くなった当時のベッドを再現しています。

食堂(ローズルーム)

食堂として使用されていた部屋で、別名ローズルームともいいます。アール・デコ調の室内が特徴です。

 

食堂

金の間

賓客を迎えるための応接間として利用されていました。「金の間」という名称は、部屋の装飾に金を用いたことからきています。金の間からは、箱根山や富士山といった山々と太平洋とを一望することができます。
吉田茂はこの部屋から見える富士山を大層気に入っており、毎日のように眺めていたそうです。

金の間

銀の間

吉田茂が寝室として寝起きをしていた部屋です。この部屋のベッドで吉田はその生涯を終えました。銀の間の装飾品には銀を使用しており、金の間と対になる形で、その名称の由来となっています。
吉田はこの部屋を書斎としても利用していました。部屋のガラス棚には蔵書が並べられ、ベッド横の窓際には執務用の机が置かれていました。

銀の間

お問い合わせ先
教育委員会 教育部 生涯学習課 郷土資料館
〒255-0005
神奈川県中郡大磯町西小磯446-1
電話番号:0463-61-4700
ファックス:0463-61-4660
メールフォームによるお問い合わせ
  • カレンダーはこちら
  • 郷土資料館企画展
  • 旧吉田茂邸のイベント情報