Loading

利用案内・アクセス

現在の位置

春を彩る雛人形展

更新日:

春を彩る雛人形展の詳細
概要 「春を彩る雛人形展」
とき

平成24年2月18日(土曜日)~3月31日(土曜日)
ところ

大磯町郷土資料館 企画展示室

内容

雛祭りは上巳の節供(節句)、あるいは雛の節供ともいい、女児の健やかな成長を願って雛人形が飾られます。雛祭りの起源はさまざまな説がありますが、すでに平安時代には「ひいな遊び」と称して人形を使ったままごとのような遊びをしていたことが知られています。これは、もともと中国で3月の巳の日に穢れを祓うために水辺で禊をおこなっていた儀礼が伝えられたといわれ、わが身の穢れを人形に託して川などに流したのが始まりのようです。やがて、貴族階級の女児の「ひいな遊び」は徐々に庶民に浸透していきますが、桃の節供として一般に広く普及するのは江戸時代中期以降であるとされています。
また、雛人形も古くは質素な紙雛や土人形でしたが、次第に豪華な人形が作られるようになり、段飾りも登場します。本展示では、大磯町郷土資料館で所蔵している江戸時代末期から明治・大正・昭和時代まで、それぞれ時代の春を彩った雛人形たちの艶やかな競演をお楽しみください。

関連画像

春を彩る雛人形展ポスター

関連ファイル

「春を彩る雛人形展」 パンフレット(PDF:958.8KB)

開館時間

午前9時~午後5時
注釈:入館は午後4時30分まで

会期中の休館日

月曜日、3月1日(木曜日)

入館料

無料

お問い合わせ先
教育委員会 教育部 生涯学習課 郷土資料館
〒255-0005
神奈川県中郡大磯町西小磯446-1
電話番号:0463-61-4700
ファックス:0463-61-4660
メールフォームによるお問い合わせ
  • カレンダーはこちら
  • 郷土資料館企画展
  • 旧吉田茂邸のイベント情報