Loading

利用案内・アクセス

現在の位置

企画展『伊藤博文没後100年記念展』~滄浪閣の時代~

更新日:

企画展『伊藤博文没後100年記念展』~滄浪閣の時代~の詳細
概要 企画展『伊藤博文没後100年記念展』
~滄浪閣の時代~
とき

平成21年10月24日(土曜日)~12月6日(日曜日)
ところ

大磯町郷土資料館 企画展示室

内容

初代内閣総理大臣を務めた伊藤博文が、明治42年(1909年)10月26日にハルピンで狙撃されて没してから、今年で100年を迎えます。
伊藤博文は、明治29年に別邸・滄浪閣を小田原から大磯へ移し、さらに翌30年には本籍を東京の本邸から大磯へ移して大磯町民となりました。日本の立憲体制の生みの親として明治憲法の起草にかかわり、近代国家をめざして政界で活躍する一方で、実生活は常に大磯にあり続けました。地元大磯には、その気さくな人柄を偲ばせる逸話が、遺品とともに数多く遺されています。
伊藤没後100年の節目にあたり、伊藤博文の生涯と多くの業績をたどるとともに、伊藤博文と滄浪閣、そして大磯とのかかわりに焦点をあてた展示を開催いたしますので、ぜひご覧ください。また、関連行事も開催いたしますので、皆様のご参加をお待ちしています。

開館時間

午前9時~午後5時

入館料

無料

休館日

毎週月曜日(11月23日は開館、11月24日は休館)
10月23日(金曜日)、12月8日(火曜日)は振替休館となります。

伊藤博文家族集合写真

滄浪閣で撮影された家族集合写真(前列中央が伊藤博文)

関連行事

伊藤博文墓所をめぐる史跡ツアー

  • とき 11月15日(日曜日)午前10時~午後2時
  • コース 東京都品川区内(現地集合・解散)
    JR西大井駅~伊藤博文墓所(通常非公開)~養玉院(大井の大仏)~水神池~品川歴史館~大森貝塚遺跡庭園~JR大森駅(約4キローメートル)
  • 定員 30人、申込制(応募者多数の場合は抽選)
  • 参加費 500円(資料代、常設展見学代、保険代)
  • その他 弁当持参、動きやすい服装、靴

記念講演会

1. 11月22日(日曜日)午後1時30分~3時

  • 内容 「伊藤博文の生涯-国際化と近代化への挑戦-」
  • 講師 京都大学教授伊藤之雄氏

2. 11月29日(日曜日)午後1時30分~3時

  • 内容 「伊藤博文と大磯」
  • 講師 京都大学准教授奈良岡聰智氏

1. ・2. とも

  • 会場 聖ステパノ学園講堂(海の見えるホール)
  • 定員 各回180人、各回申込制(応募者多数の場合は抽選)
  • 参加費 無料

記念上映会

  • とき 会期中の毎週土曜日(10月24日はのぞく)午後2時~4時
  • ところ 郷土資料館研修室(入場自由・無料)
  • 内容 若き日の伊藤博文を含む長州藩士5人の活躍を描いた映画「長州ファイブ」の上映。

ミュージアムトーク

  • ご希望により学芸員が解説いたします。窓口にてお申し出ください。(会期中随時、無料)

応募方法

史跡ツアーと記念講演会は申込制です。
往復はがき(1枚に2名まで可)に参加する方全員の住所、氏名、年齢、希望する行事名をお書きのうえ、郷土資料館宛てにお申込みください。
往復はがきの記入例は下記をご確認ください。
なお、史跡ツアー、講演会1.、講演会2.は、それぞれ別々の募集になります。往復はがき1枚で1つの行事のみの受付となりますのでご注意ください。10月24日(土曜日)必着。

往復はがきの画像

往復はがき記入例

お問い合わせ先
教育委員会 教育部 生涯学習課 郷土資料館
〒255-0005
神奈川県中郡大磯町西小磯446-1
電話番号:0463-61-4700
ファックス:0463-61-4660
メールフォームによるお問い合わせ
  • カレンダーはこちら
  • 郷土資料館企画展
  • 旧吉田茂邸のイベント情報