新築住宅に対する固定資産税の減額について

更新日:

新築住宅に対して下記要件を満たす場合は、住居部分として用いられている床面積が120平方メートルまでのものはその全部が減額対象になり、120平方メートルを超えるものは120平方メートルに相当する部分が減額対象になり、新築後新たに課税されてから3年間(3階建て以上の中高層耐火住宅等の場合は5年間)の固定資産税額が2分の1に減額されます。
 

要件

  • 専用住宅・併用住宅であること。
    (併用住宅は居住部分の割合が2分の1以上のものに限る)
  • 居住部分の床面積が50平方メートル(1戸建て以外の賃貸住宅に当たっては40平方メートル)以上、280平方メートル以下であること。
    (注釈)共同住宅などで、屋内にある廊下、階段、エレベーターホールなどの共用部分がある場合は、この部分の床面積を各戸の床面積の割合に応じて按分し、按分後の各戸あたりの床面積で上記床面積要件を判定します。
     
お問い合わせ先
政策総務部 税務課 資産税係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:255,256)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ