固定資産税について

更新日:

固定資産税とは?

固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)に土地・家屋・償却資産を所有している人が、その固定資産の価格をもとに算出される税額をそれら固定資産の所在する市町村(東京都特別区の場合は都)へ納める税金のことをいいます。

固定資産税納税義務者
土地 土地登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
家屋 建物登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
償却資産 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

(注意)ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在でその土地および家屋を現に所有している人が納税義務者となります。

税額算定のしかた

  1. 固定資産を評価し、価格決定する。
  2. 価格を元に課税標準額を算定

税額算定式 : 課税標準額 × 税率(1.4/100) = 税額

 

固定資産税制度のあらましや課税のしくみについての詳細は、下記「固定資産税のしおり」
と「全国地価マップ」(いずれも一般財団法人資産評価システム研究センターホームページより)をご参照ください。

「固定資産税のしおり」

平成29年度 固定資産税のしおり (PDF:4.86MB)

「全国地価マップ」

全国地価マップ

お問い合わせ先
政策総務部 税務課 資産税係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:255,256)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ