公共下水道使用料(1)

更新日:2019年04月01日

平成31年4月1日から公共下水道使用料が変わりました

   平成30年12月の定例議会で可決されました「大磯町公共下水道使用料条例の一部改正する条例」に基づき、平成31年4月1日から公共下水道使用料を平均9%引上げました。
   下水道使用者の皆様には、ご負担をおかけいたしますが、今後も下水道事業経営の健全化に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

改定(引上げ)の理由

 皆様からご負担していただく公共下水道使用料は、下水処理場や下水道管の維持管理費と、これまで下水道管などの整備に要した借入金を返済する費用に充てており、これらの費用は公共下水道使用料で賄うことが原則とされています。しかし、平成31年度における公共下水道使用料で賄うべき費用のうち、使用料収入見込額の割合は64%で、不足する費用は町税で補てんすることになり、この割合を少しでも小さくする必要がありました。
 そのため使用料の改定率を、平成31年度※平均使用料単価見込135円/㎥から国の平均使用料単価水準150円/㎥に近づけるため、使用水量区分の増加に応じて8.35%から9.75%の範囲(平均9%:下水道使用料表参照)に引上げました。この改定により使用料で賄うべき費用に対する町税からの補てん額は約2,600万円(約5%)の削減となりました。

※平均使用料単価・・・下水道事業の経営内容を表す一つの指標であり、使用料収入の総額
                                を汚水処理量で除したもの
 

今後の取組み

 町では、公共下水道使用料の引上げだけでなく、下水道事業経営の健全化に向けて、公共下水道使用開始区域に関する情報提供を、広報などへ積極的に行います。
   また、今後も公共下水道への接続率向上を図るため、排水設備(接続)工事に伴う奨励金や融資あっせん制度の説明、チラシの配布など戸別訪問を行い、公共下水道使用料収入の確保に努めてまいります。

改定単価

改定料金(早見表)

※4月検針分については3月分が現行料金、4月分が改定料金とした下水道使用料となりま
   す。
 

審議の経過

○平成30年1月15日

  ・大磯町下水道運営審議会へ「大磯町公共下水道使用料の改定について」諮問

  ・大磯町下水道運営審議会を諮問以降6回開催

○平成30年10月17日

  ・大磯町下水道運営審議会より答申

○平成30年12月18日

 ・町議会12月定例会に「大磯町公共下水道使用料条例の一部を改正する条例」を提案・可
      決

この記事に関するお問い合わせ先

都市建設部 下水道課 下水道業務係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:214,224)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ