インフルエンザが流行しています!

更新日:

 今年も「季節性インフルエンザ」が流行する季節となりました。手洗いうがいを心がけ、感染しないよう十分注意しましょう。

インフルエンザを予防するために

  1. 予防接種
    接種してから免疫ができるまで3~4週間かかるといわれているため、流行前に接種をすると効果的です。また、もしかかってしまっても重症化を防ぐ効果があるといわれています。
     
  2. 手洗いうがい
    手洗いうがいは感染予防の基本です。外から帰ってきたときには手洗いうがいを十分にしましょう。
     
  3. 人混みへの外出を控える
    インフルエンザが流行してきたらなるべく人混みへの外出を控えましょう。外出時にマスクを着用することも効果的です。
     
  4. 適度な湿度の保持
    鼻やのどが乾燥し、防衛機能が低下すると感染しやすくなります。室内では加湿器などを使って適度な湿度(50%~60%)を保ちましょう。こまめに水分補給も心がけましょう。
     
  5. 睡眠と栄養
    日頃から疲れをためないように睡眠と栄養を十分にとり、抵抗力を高めておきましょう。

 

インフルエンザが流行しています!!(PDF:84KB)

インフルエンザの症状は・・・

 目安として、比較的急速に38度以上の発熱があり、せきやのどの痛み、全身の倦怠感を伴う場合はインフルエンザに感染している可能性があります。

 このような症状がある場合は早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザにかかったとき

インフルエンザの治療には、抗インフルエンザウイルス薬というものがあります。

・薬は医師が必要と認める場合にのみ処方されますので、処方されたら指示に従って服用してください。

・汗をかいたときや脱水症状の予防のためにもこまめに水分補給をしましょう。

・感染予防のため、部屋の換気を心がけましょう。

・せきが出るときは、マスクをつけましょう。

・熱が下がったあとも、2日程度は他の人にうつす可能性があります。熱が下がって症状が治まっても、2日ほど外に出ないようにし、自宅療養することが望ましいでしょう。

関連リンク

厚生労働省

お問い合わせ先
町民福祉部 スポーツ健康課 健康増進係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:308,309,310,319)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ