こどもの予防接種

更新日:

 大磯町が実施している予防接種は、「予防接種法」によって定められた定期の予防接種です。すべての予防接種は、医療機関で接種する「個別接種」となっています。
 接種を受ける際には、「母子健康手帳」と「予診票」をお持ちください。
注1… 転入などで予診票がお手元にない方は、スポーツ健康課までご連絡ください。
注2… 住民票が大磯町でない方は、スポーツ健康課までお問い合わせください。

個別接種(予約が必要です)

 町と契約している医療機関で接種できます。公費接種対象期間は下記のとおりです。

<予防接種名>
ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン

<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>

生後2か月から7か月の間に3回(接種後それぞれ27日以上あける)
生後12か月から15か月の間に1回(初回終了後7カ月以上あける)

<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>

生後2か月から5歳未満

 

<予防接種名>
BCG
<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>
生後5か月から8か月未満の間に1回
<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
出生後から1歳未満

 

<予防接種名>
B型肝炎ワクチン (平成28年10月1日から定期接種となりました)
<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>
生後2か月から8か月未満の間に3回(初回接種後、27日以上あけて2回目接種。さらに初回から139日以上あけて3回目接種)
<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
出生後から1歳未満(平成28年4月1日以降に生まれた方)

 

<予防接種名>
四種混合

  • ジフテリア
  • 百日せき
  • 破傷風
  • 不活化ポリオ

<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>
1期初回:生後3か月から12か月未満の間に3回(接種後それぞれ20日以上あける)
1期追加:12か月から18か月の間に1回(初回接種終了後6か月以上あける)
<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
生後3か月から7歳6か月未満

 

<予防接種名>
麻しん風しん混合
<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>
1期:1歳から2歳未満の間に1回
2期:小学校入学1年前の4月1日から入学の年の3月31日まで間に1回
<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
1期:1歳から2歳未満

2期:小学校入学1年前の4月1日から入学の年の3月31日まで

 

<予防接種名>

水痘(みずぼうそう)

<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>
1歳から1歳3か月未満の間に2回(接種後3か月以上あける)

<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
1歳から3歳未満

 

<予防接種名>
日本脳炎

<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>
1期初回:3歳から4歳未満
1期追加:4歳から5歳未満
2期:9歳から10歳未満
<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
1期初回:生後6か月から7歳6か月の間に2回(接種後6から28日あける)

1期追加:生後6か月から7歳6か月の間に1回(初回終了後おおむね1年後)

2期追加:9歳から13歳未満
(注意)平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は20歳になるまで接種できます。

厚生労働省では下記の通り、詳しい情報をおしらせしています。

日本脳炎ワクチン接種にかかるQ&A

 

<予防接種名>
二種混合

  • ジフテリア
  • 破傷風

<接種をお勧めする年齢(標準の接種年齢)と接種方法>
11歳から12歳未満の間に1回
<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
11歳から13歳未満

 

<予防接種名>
子宮頸がんワクチン

平成27年4月1日現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。詳しくは、下記リーフレットをご覧ください。

別紙「リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」(PDF) 

<無料で受けられる年齢(接種対象年齢)>
小学校6年生~高校1年生相当の女子で3回接種

予防接種情報は、下記からもご覧になれます。

厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所感染症情報センター


 


 

お問い合わせ先
町民福祉部 スポーツ健康課 健康増進係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:308,309,310,319)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ