熱中症を予防しましょう

更新日:

熱中症予防 5つのポイント

1 上手にエアコンを活用しましょう!

  • 室内でも熱中症になることがあるので、エアコンなどを使って温度の調節をしましょう。

2 猛暑日は特に熱中症を意識して!

  • 気温だけでなく、湿度が高い状態(ムシムシした状態)は、体からの汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなってしまいます。
  • 猛暑日は、庭仕事や、屋外での作業、レジャーを控える工夫もしましょう。

3 こまめな水分補給こそ予防の第一歩!

  • のどが渇く前に水分を補給しましょう。
  • 小さなお子さんや高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくい傾向があります。特に意識した水分補給を心がけてください。

4 特にこんな症状が現れたら…熱中症を疑いましょう!

  • めまい、頭痛、吐き気、倦怠感など様々な症状が現れます。熱中症になると現れやすい症状は「視覚の異常」と「こむら返り」です。

5 こうなったら…迷わず救急車を呼びましょう!

  • 熱中症が疑われた際は、涼しいところに避難し、衣服をゆるめ、安静を保ちつつ首すじ、両わき、そけい部(内股)足首などを氷などで冷やします。可能ならば水風呂も効果的です。口から水分が取れそうならば水分補給を行ってください。※決して具合の悪い人を一人にしないよう気をつけましょう。
  • 「口から水分補給ができない」「意識がもうろうとしていて受け答えがはっきりしない」「手足にふれた際、明らかにポカポカした熱を感じる。」場合はためらわず救急車を呼びましょう。

みんなで熱中症を予防して、暑い夏を健康にすごしましょう。

厚生労働省熱中症関連情報「施策紹介、熱中症予防リーフレット、熱中症診療ガイドラインなど」

危険な熱中症

お問い合わせ先
町民福祉部 スポーツ健康課 健康増進係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:308,309,310,319)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ