大磯町特定不妊治療助成事業

更新日:

 本町では、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)による不妊治療を受けられたご夫婦に対し、治療費の助成を行っております。

助成の対象となる治療 

 神奈川県が指定した医療機関で治療を受けた特定不妊治療(胚移植及び凍結融解胚移植のほか、医師の判断に基づきやむを得ず治療を中断した場合を含む)が対象となります。
 

※「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業」のホームページをご覧になりたい方は、下記のサイトをクリックしてください。

神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業のお知らせ

助成を受けることが出来る方

 対象者は、法律上の婚姻をしているご夫婦で、次の要件のすべてを満たす方とします。

1.夫及び妻が、特定不妊治療費助成の申請日の1年以上前から大磯町に住所を有し、かつ引き続き申請日現在も大磯町に住所を有していること。

2.神奈川県の要綱で指定する医療機関において、特定不妊治療を終了し(医師の判断に基づきやむを得ず中断した場合を含む)、「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成承認決定」を受けていること。

3.夫婦の前年の所得の合計が、730万円未満であること。

4.町税を滞納していないこと。

助成の内容

 特定不妊治療に要した費用のうち、神奈川県から受けた助成額を控除した額について、1年度につき1回限りで10万円を限度に助成します。

 ただし、「以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施の場合」及び「採卵したが卵が得られない」は、5万円を限度として助成します。

 助成金の交付は、1夫婦につき最初の申請年度から起算し、通算して5年度を限度として助成します。

申請方法

 神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業の承認決定を受けた日の属する年度内に申請書類をそろえてスポーツ健康課に提出してください。

 県の承認決定が3月末になりそうな場合は、スポーツ健康課までお問い合わせください。

 注)申請時には印鑑と、振込み口座のわかるものをご持参ください。

提出書類

  1. 大磯町特定不妊治療助成申請書
  2. 神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
  3. 神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し
  4. 神奈川県に提出した特定不妊治療に要した治療費(保険外診療)の領収書の原本
  5. 婚姻関係及び住所が確認できる書類
  6. 夫婦の前年(申請する月が1月から5月までの場合は前々年)の所得額を証明する書類(例:平成28年5月に提出する場合は、平成26年の所得証明書。平成28年6月に提出する場合は27年の所得証明書。)

(町民であること及び所得の確認をするために、必要な書類を町職員が閲覧することについて申請者が承諾した場合は、5及び6の書類の提出を省略することができます。)

助成金の支払い

 助成が決定された場合、決定通知書を送付後、申請書に記載の指定口座に助成金を振り込みます。申請から決定通知の送付までは約1か月前後を要し、助成金の振込には、決定通知書が届いてから2~3週間ほどかかります。

注)時期によっては混み合うため、通常よりお時間がかかる場合もございます。 特に年度末は大変混み合いますので、治療終了後はできるだけお早めにご申請ください。

特定不妊治療費助成申請書(PDF:129.8KB)

お問い合わせ先
町民福祉部 スポーツ健康課 健康増進係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:308,309,310,319)
ファックス:0463-61-6002
メールフォームによるお問い合わせ