西長院 身代り地蔵尊

更新日:

身体には刀剣の傷、頭部には接合のあと。信仰が守った命。

1191年、鶴岡八幡宮に参拝する源頼朝之の行列に襲い掛かる集団があり、悪太郎義景は敵方と間違えられ畠山重忠に討たれてしまいました。が、地蔵尊を深く信仰していた悪太郎には傷一つつきませんでした。

その代わり地蔵尊の身体から血潮が流れ出し、あたかも刀剣の傷 を受けたような痕がついていました。

また、明応年間(1492~1501)には岡崎四郎の娘が地蔵を深く信仰し、夜更けになるまで参拝しているのを悪い若者たちが怪しみ、娘の首を討ち落とすという事件が発生しましたが、娘はキャッと一声叫んだだけで身体に異常はなく、そのまま家に帰りました。

身代り地蔵尊1

驚いた村の人々が地蔵尊を訪れると、なんとそこには地蔵尊の首が落ちていました。

人々はこのような霊験のある地蔵を「身代り地蔵」と称し、1689年にお堂を立て安置しました。

現に身代り地蔵尊の身体には刀傷の痕、頭部には接合の痕が残っています。

旅の安全や交通安全の祈願には 身代り地蔵がうってつけ !!

身代り地蔵尊2

参考資料:『西長院本尊 身代わり地蔵尊(町重文)の由来』

関連リンク

西長院

血洗川(ちあらいがわ)

西長院の東側を流れる川を血洗川と言います。

人または地蔵を斬った血のついた刀をこの川で洗ったという言い伝えから、「血のついた刀を洗う川=血洗川」と名づけられたと言われています。

身代り地蔵尊3

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ