湘南発祥の地

更新日:

標石画像

“ 湘南 ”のルーツ それは大磯!

ずばり江戸時代から 湘南ははじまった!

標石・表

標石・裏

鴫立庵に入り、右手のちょっぴり奥まったところに標石があります。

標石には・・・ 表 鴫立沢
裏 祟雪「著盡 湘南 清絶地」 と刻まれています。

「著盡湘南清絶地」 「ああ、しょうなんせいぜつち」と読みます。
“清らかですがすがしく、このうえもない所、湘南とは何と素晴らしい所”という意。

鴫立庵の石碑

江戸時代初期の 1664 年。
小田原の祟雪が、西行法師の詠んだ歌《心なき身にもあはれは知られけり鴫立沢の秋の夕暮≫ に因み、昔の沢らしい面影を残す現在の鴫立庵の地を選んでこの地を「鴫立沢」と名づけ、標石を建てました。
では、標石の裏に祟雪はなぜ「著盡湘南清絶地」と刻んだのでしょう。
祟雪にとって、大磯の「鴫立沢」付近のこの景色は、中国 湘江の南方 一帯の ” 湘南 ” の美しい景色に似てなんとも美しい場所であったことから、「著盡湘南清絶地」と刻んだといわれています。

西行法師の像

(注釈)

祟雪・・・禅宗に興味を持ち出家し、俳人になる。祖先は中国湖南省湘南地方の出身とも言われている。中国湘南地方にある禅宗発祥地の寺の庭には、「湘南清絶地」と刻まれた石碑があります。

西行法師・・・平安時代末期から鎌倉時代初期の歌人。大磯の海岸辺りを吟遊した。

標石画像

 

 

清らかですがすがしく、この上もなく素晴らしいところ、それが湘南。

湘南の原風景は大磯から始まりました・・・

 

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ