六所神社例大祭櫛魂まつり

更新日:

~この日に湯津爪櫛御守を受けると、倍のご利益があると言われています。~

櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)は、出雲国にお生まれになり少女の頃、永年人々を苦しめていた八岐大蛇(やまたのおろち)という怪獣・厄災に御命を狙われ、絶体絶命の時、須佐之男命(すさのおのみこと)という強い神様が偶然にも救いに現れました。 そこで櫛稲田姫命は、自らを本性なる櫛魂(くしみたま)に身を代え、強い霊力となられて須佐之男命の力となり、見事大蛇を退治されました。

この様に櫛には厄災を除く大変強い霊力がこもると言われ、昔より櫛は女性の守護神と言われております。

毎年、櫛(くし)にちなみ9月4日前後の日曜日に催行され、午後に大祭式典、夕刻からは神楽殿で奉納演芸が行われます。

また、人形、櫛ならびに家に伝わる古い物等のお焚き上げ祭が行われ、たくさんの人でにぎわいます。

六所神社「櫛魂まつり」の信仰と由来より

湯津爪櫛お守り

湯津爪櫛御守

 櫛稲田姫の強い霊力が愛する人を守りました。

櫛稲田姫命

六所神社公式ホームページへ

地図情報

関連リンク

六所神社

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ