御船祭

更新日:

~8本(タコ)から1000手(観音様)へのトランスフォーマー~

日時:                                                                    平成29年7月16日(日曜日) *今年は舟形の山車は出ません。                                                                                                             *12:00よりの式典斎場【予定】                                                                                                                                                                                                                                                                                       15日(土曜日) 四町宵宮                                           

場所: 照ヶ崎祭場 (大磯港駐車場 八大竜宮前)

 

~参考~ 以下のスケジュールは平成27年の内容です。

16日       6:00  高来神社神輿出御
              ~高麗・山王町・神明町・北下町・南下町・照ヶ崎~ 
         10:55 照ヶ崎国道134号線横断地点
         12:00 式典斎行

御船祭の様子

~御船祭の由来~

昔々、大磯浦の漁夫「蛸之丞」 ( たこのじょう ) が海へ漁に出ると、海の中から光が発し、波間から一匹のタコが現れました。そのタコは船に上がると不思議と光輝く千手観音に姿を変え、高麗寺に奉納されました。その由来に基づき祭りが行われています。 祭りは毎年行われていますが、偶数年毎に2隻の舟形の山車(マツリブネ)が町内を曳かれます。

そして、高麗権現や千手観音が海中から引き揚げられた由来を伝える船歌や木遣唄が木遣師によって唄われます。

かつては照ヶ崎から花水川を遡って神霊を迎え、再び川を下って海上を渡御しましたが、今日では舟形の山車で陸上の町内を練り歩きます。 今日まで 700 年余りの歴史と伝統を持って受け継がれてきたお祭りです。

 

~基本情報~
開催日時  : 毎年7月中旬
場所 照ヶ崎
行き方 大磯駅より徒歩10分

地図情報

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ