富士見スポット

更新日:

~関東富士見百景~

ダイヤモンド富士については、こちらをご覧ください。

ダイヤモンド富士

【関東富士見百景選定ポイント】

 「関東の富士見百景」の選定は、富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、美しい地域づくりの推進を目的として、国土交通省関東地方整備局により実施されました。
 大磯町においても2箇所が選定されています。

照ヶ崎海岸からの富士

照ケ崎海岸

古くはこの海岸も「小淘綾の浜」と言われており、万葉の時代から歌に詠まれた名勝の地です。大磯は海水浴場発祥の地でもありますが、その発祥の海岸こそ、この照ケ崎海岸です。
5月初旬頃より 10月中旬ごろまでアオバトも飛来し、県の天然記念物に指定されています。
海岸の前方には富士山だけでなく、箱根連山を眺めることもできます。

照ヶ崎海岸

県立大磯城山公園展望台からの富士

県立大磯城山公園展望台

県立大磯城山公園は元三井財閥の別荘跡に造られた公園で、日本庭園や茶室、郷土資料館等があります。また、季節を通じて四季折々の花を楽しむことができます。
展望台からは富士山とともに相模湾や箱根、伊豆、三浦半島の山々を一望することがきます。

(関東富士見百景 富士山の見えるまちづくり 選定128景案内ガイドより)

「 関東の富士見百景」は、富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、美しい地域づくりの推進を目的として国土交通省 関東地方整備局が制定したものです。

県立大磯城山公園・旧吉田茂邸地区

【その他の富士見 View Point】

富士見平からの富士山

富士見平

『曽我物語』に登場する曽我十郎が大磯に住む恋人、虎女のもとに通う際に通った道です。十郎は馬に乗り人目の多い街道を避けて曽我から大磯への最短コースである富士見平を通って、足早に虎女のもとに通ったとされています。虎女のもとへ向かう日暮れには、富士の落日に心急かされたことでしょう。 また、秋には富士山とともにみかん畑の眺望をお楽しみいただけます。

馬を駆る曽我十郎

       

国道1号線からの富士

国道 1号からの富士

国道1号線を東から西(平塚方面から二宮方面)に向かいながら、城山公園交差点の坂道を下る際に正面に見える富士山は圧巻です。国道一号線より正面に富士山を望めるのはこの地点だけです。

東海道松並木

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ