谷戸観音

更新日:

谷戸観音1

ここにはかつて、新楽寺 ( 真楽寺 ) という大寺がありました。鎌倉時代には、高麗寺とともに有名な寺で源頼朝公の崇拝も深く、政子の安産祈願所で知られていましたが、新田義貞の鎌倉討ち入りのとき焼き払われたと伝えられています。

寛永6(1629) 年にこの地を襲った大水害の供養のため、古墳時代の横穴墓を改造し奥座に石造りの十一面観音像を安置しました。

現在も「谷戸の観音さん」と呼ばれて信仰されています。

( 参考資料 『ふるさと大磯』高橋光著 )

行き方:
JR大磯駅より徒歩20分
JR大磯駅よりバス4分 磯01、07、13、14系統または平43、47系統「八坂神社」下車 徒歩8分

西国三十三所順禮供養塔

国道一号線沿いに「西国三十三所順禮供養塔」があります。この塔は順禮の人々の供養とともに、真楽寺観音の道しるべの役割を成しました。

谷戸観音2

行き方:
JR大磯駅より15分
JR大磯駅よりバス4分 磯01、07、13、14系統または平43、47系統「八坂神社」下車 徒歩2分

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ