東昌寺

更新日:

開基は東昌寺善等様であり、その生年は明らかでないが没年は「新編相模風土記稿」によると1451年7月7日と記載されており、境内の一部にこの時代の年号の入った墓石が数多く積まれています。 明治維新後の神仏分離令の痕跡と思われる首のない石仏が境内門柱の傍らに無残な姿をさらしています。
季節ごとに桜やれんぎょう、ゆうやなぎなどを楽しむことができます。

相模新西国三十三観音めぐり第六番札所

東昌寺1

思文館時代の筆塚

国府小学校発祥の地碑

明治初年に寺子屋教育がこの寺にて行われており、明治5年(1872年)の学制で国府小学校前進の思文館が誕生し、発祥の地となりました。
昭和48年11月18日にそれを記念して境内の一隅に記念碑が建立されました。

所在地:大磯町生沢961
行き方:JR大磯駅よりバス8分 磯01または14系統「月京」下車 徒歩15分 JR二宮駅南口よりバス7分 平36または平32、二05系統「西生沢」下車 徒歩10分

地図情報

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ