慶覚院

更新日:

慶長18(1613)年創建。 高麗寺の末寺。明治23年8月に大磯町南下町に大火があり、当時北下町にあった慶覚院は、檀家が多い高麗地域、村持地蔵堂に移りました。

梅の季節には、梵鐘に梅が映え、足元には水仙がきれいに咲きます。

慶覚院1

木造地蔵菩薩坐像 ( 県指定重要文化財 )

建治4(1278) 年に造立されたか開眼されたと思われる。鎌倉時代後期の在銘彫刻である。

像容、着衣形式、彫技などに宋風の影響が認められ、鎌倉時代仏師とのつながりがうかがえる。

慶覚院2

木造地蔵菩薩坐像

千手観音立像 ( 町指定文化財 )

高来神社の夏の大祭である御船祭の由来になっている像です。

他に町指定文化財 木造仁王立像が安置されています。

慶覚院3

木造仁王立像

所在地:大磯町高麗 2-9-48
行き方:JR大磯駅より徒歩25分 またはバス「化粧坂」下車 平塚方面へ徒歩5分

地図情報

お問い合わせ先
産業環境部 産業観光課 観光推進係
〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
電話番号:0463-61-4100(内線:334)
メールフォームによるお問い合わせ