情報公開制度ってどんな制度?

更新日:

Q1:この制度はどのような趣旨によるものですか?

A:町民の「知る権利」を制度的に保障しようとするものです。町民は、町の行政情報について公開を請求する権利が認められ、同時に町は、その行政情報の公開を義務付けられる制度です。この制度によって、町民参加によるいっそう「開かれた町政」を推進することを目的とします。

Q2:どのような情報の公開を請求できるのですか?

A:実施機関が所有する次の種類の行政情報が対象となります。
文書(一般文書、帳票、台帳など)
図面(地図、図面、写真など)
フィルム(写真フィルム、映画フィルム、マイクロフィルムなど)
電磁的記録(ビデオテープ、録音テープ、磁気ディスクなど)
  注意: 実施機関とは、町長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、議会及び大磯町土地開発公社をいいます。

Q3:請求すればどんな行政情報も見ることができるのですか?

A:すべてのどのような情報も公開できるというわけではありません。個人のプライバシーに関する情報や、公開することで町の行政の円滑な執行に著しい支障が生ずるおそれのある情報などは非公開となります。

Q4:どんな人がこの制度を利用できるのですか。年齢制限はあるのですか?

A:どなたでも利用できます。年齢制限もありません。

Q5:公開の請求はどのようにすればいいのですか?

A:まずは情報公開の窓口である町役場本庁舎1階町民情報コーナー又は3階総務課窓口にお越しください。
窓口で所定の請求書に必要事項を記入していただければ結構です。
なお、公開の請求は、郵送や電子申請でも受け付けています。(電子申請は、電子署名が必要となります。)
情報公開制度に関する質問、その他不明な点についても気楽にお尋ねください。担当の職員が応対します。

行政情報公開請求書(PDF)(PDF:59.8KB)

行政情報公開請求書(WORD)(WORD:31KB)

Q6:費用はどのくらいかかるのですか?

A:閲覧のみの場合は費用はかかりません。
行政情報の写し(紙又は光ディスク)や、その郵送を希望される場合はその実費のみの負担となります。

Q7:公開までにどのくらい期間がかかるのですか?

A:窓口で請求をした日から15日以内に公開・非公開の決定をします。
請求した人は、決定通知で指定された日時に町の窓口(指定された場所)で閲覧や写しの交付を受けることができます。

Q8:決定通知に納得のできないときは?

A:実施機関に対して3か月以内に審査請求をすることができます。
審査請求を受けた実施機関は、第三者的機関である行政情報公開審査会に諮問します。

Q9:この制度とは別に閲覧などの制度がある場合には?

A:他の法令等で閲覧などの手続きが定められている行政情報や、町民の利用に役立てる目的で管理されている図書館などの行政情報については、この制度の対象となりません。

お問い合わせ先
政策総務部 総務課 総務法制係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:210,211,212)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ