町長が走る!!(74)

更新日:

「同志社創立者新島襄終焉之地」碑前祭

chouchou7401

chouchou7402

chouchou7403

  1月23日(火曜日)、同志社大学の創立者でもあり福沢諭吉らとともに明治六大教育家の一人として知られる新島襄先生の碑前祭へ参列しました。
 先生は明治22年11月、病に倒れ、同年12月に大磯の百足屋(むかでや)旅館の別館愛松園にて療養されました。再起の希望を持ち療養されていましたが、翌年の1月23日に46歳の生涯を閉じられ、大磯が終焉の地となりました。
 先生は、教育に対し確固たる信念を持ち、その生涯を捧げた方でいらっしゃいます。町におきましても、先生のように強い信念を持って「知力・体力・共感力の3つの力を育み、自らの可能性を求め、新しい時代を心豊かに生きる人づくり」を理念として、大磯らしい美しい自然と由緒ある歴史・文化を大切にする教育をめざしていきたいと思います。
 「新島襄終焉の地碑」は昭和15年、先生の門下生が集い、旧百足屋の敷地内に建てられたものです。碑前祭は今年で128回目を迎えました。これからも、同志社大学と大磯町の絆を育み先生のその信念を受け継いでまいりたいと考えております。
 

大磯町長 中崎久雄

お問い合わせ先
政策総務部 政策課 広報情報係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:206,207,257,258)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ