町長が走る!!(34)

更新日:

高麗の山神輿について

山神輿が女坂を登る様子

神輿が「女坂」を登っていく様子

山神輿が高来神社を出発

神輿が高来神社の境内を出発する様子

 4月18日(金曜日)、高麗寺祭(こうらいじまち)にて重さ250キロの神輿を標高約160メートルの山頂の上社まで引き上げる伝統行事「高麗の山神輿」が行われました。

 当日は、悪天候により、当初予定していた経路の登り坂が「男坂」から「女坂」に変更となり、16時頃から麓の高来神社から高麗山山頂付近大堂まで、周りの方々の掛け声のもと担ぎ手により神輿が担ぎ上げられました。

 担ぎ手や皆さんの気迫や熱気が伝わる中、自ら神輿に繋がれた引上げ用のロープを手に握り締め、全身の力を振り絞って引上げて、伝統文化を堪能しました。

 この「高麗の山神輿」は、高来神社の春季大祭で、もともと明治に廃寺となった高麗寺の本尊(千手観音)の祭礼にあたり、農具や種苗を売る市が開かれたのが始まりであり、近年では植木市として知られております。

 今後も大磯の伝統ある数々の行事が継承されていくことを期待しております。

大磯町長 中崎久雄

お問い合わせ先
政策総務部 政策課 広報情報係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:206,207,257,258)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ