町長が走る!!(22)

更新日:

伝統行事にも大学との協定が活かされています

高麗の山神輿に東海大生が協力

高麗の山神輿

 4月19日(金曜日)の夜、高麗寺祭(こうらいじまち)にて重さ250キロの神輿を標高約160メートルの山頂の上社まで引き上げる伝統行事「高麗の山神輿」が行われました。
 この伝統行事は約370年続く町の無形民俗文化財に指定されているものですが、地域の高齢化などの影響により、担ぎ手不足が懸念されていました。過去3年間は震災や悪天候などの理由で、男坂の引き上げは行われていませんでしたが、東海大学との包括的提携に関する協定を結んだこともあり、大学に相談したところ、体育学部教授の呼びかけに、多くの学生が喜んで協力してくれました。
 当日は、38人の学生の参加を頂き、総勢約120人で伝統行事は行われました。非常に喜ばしいことで、大学との協定が町の政策だけでなく、地域の伝統行事にも活かされたことに感謝するとともに、今後もさまざまな分野での大学との協力関係を築いてまいります。

大磯町長 中崎久雄

お問い合わせ先
政策総務部 政策課 広報情報係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:206,207,257,258)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ