ホストタウン

更新日:

 

◆ ホストタウン構想とは◆
 東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向け、全国の自治体と参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図るとともに、スポーツ立国、共生社会の実現、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、政府全体で推進している取組みのことです。
 地域住民と大会参加国等との交流計画を策定した自治体は、一定の手続きを経て、「ホストタウン」として登録を受けることができます。

 

ブータン王国のホストタウンとして、追加登録しました

 すでに、エリトリア国のホストタウンとして登録を受け、交流を進めていた「SKYプロジェクト」の相手国にブータン王国を追加し、神奈川県、小田原市、箱根町、大磯町が新たにブータン王国のホストタウンに登録されました。

 ブータン王国においても、スポーツや教育文化を中心とした、交流事業を実施していきます。

エリトリア国のホストタウンとして登録が決定

 国(内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部)主催で開かれた、ホストタウン関係府省庁連絡会議において、大磯町が県や関係市町と共同で申請した交流計画が、ホストタウンとして正式に登録を受けました。
 今後、交流計画をもとに、相手国とスポーツや教育、経済、文化などの分野において相互交流を深めていきます。

○ 登録の概要
  「東京2020大会を契機としたエリトリア国とのSKYプロジェクト」
 相手国:エリトリア国
 登録団体:神奈川県(代表団体)、小田原市、箱根町、大磯町
 事業内容:事前キャンプの受入れ、地域イベントでの交流、特産品を活用したおもてなし等

交流計画の概要(PDF:508.9KB)

お問い合わせ先
政策総務部 政策課 政策係
〒255-8555
神奈川県中郡大磯町東小磯183
電話番号:0463-61-4100(内線:205,229,213,290)
ファックス:0463-61-1991
メールフォームによるお問い合わせ