大磯 魅力 再発見!

 大磯町は、相模湾や高麗山、鷹取山などの豊かな自然が暮らしの場に近接しており、また、長い時間をかけて郷土が培ってきた伝統や文化が大切に受け継がれることによって、自然的、歴史的、文化的に魅力のある町として発展してきました。 
 明治18(1885)年には、初代・陸軍軍医総監を務めた松本順が、西洋医学における先端医療のひとつとして、「海水浴」を推奨し、照ヶ崎海岸に海水浴場が開設されました。 

 また、明治20(1887)年には、大磯駅が開業しました。当初は平塚から国府津までの間に駅は必要ない、という計画でしたが、松本順が当時の初代・内閣総理大臣・伊藤博文に相談し、大磯駅が誕生。その後、明治30(1897)年には、伊藤博文が温暖な大磯の気候が気に入り、居を移しました。
 大磯駅開業によって海水浴客は増え続け、政財界の重鎮たちの別荘が数多く建築され、保養地としての大磯の名が全国に広まりました。

アオバト飛来の地 こゆるぎの浜

アオバトの写真

 大磯付近の海岸一帯は古くから名勝として知られ、万葉集や古今和歌集など多くの歌集や作品に登場しています。
 そして、太平洋の青い海原と大いなる磯が織りなす雄大な景観が、大磯町の町名をそのまま表しています。
 夏には多くの海水浴客で賑わう北浜海岸、シロギスなどの投げ釣りが盛んなこゆるぎの浜、また小さな岩礁を形成する照ヶ崎海岸は、町の鳥でもあるアオバトの集団飛来地として神奈川県の天然記念物にも指定されています。

歴代総理大臣8人が邸宅を構えた邸園文化

歴代総理大臣8人の写真

 初代・陸軍軍医総監の松本順により、明治18(1885)年に海水浴場が開設され、2年後には、東海道線が開通、大磯駅が開業しました。東京方面から多くの名士が訪れ、旅館も多くでき、また別荘や邸宅を構える人も多く、避暑地として大いに賑わいました。
 湘南発祥の地「大磯」は、明治期の避暑地として栄えた別荘文化の佇まいが残る、まさに『湘南の奥座敷』です。
 初代・内閣総理大臣である伊藤博文をはじめ、歴代総理大臣8人(伊藤博文、大隈重信、加藤高明、西園寺公望、寺内正毅、原敬、山縣有朋、吉田茂)をはじめ、が邸宅を構えるなど、多くの政財界の重鎮がこぞって居を構えました。
 吉田茂は、養父・吉田健三が購入した邸宅で幼少期より過ごし、首相在任中には週末を、退任後には隠棲しました。退任後も政治への影響力は絶大で、多くの政治家が吉田のもとに通い、「大磯詣」と称されたほどです。

写真提供:国立国会図書館、但し、「吉田茂」は内閣広報室

プチ登山で眺望抜群の湘南平へ大磯丘陵

みかんの写真

 大磯町には、緑豊かな貴重な自然が残されています。
 東京方面から東海道線や国道1号線で大磯を訪れて最初に出会うのは、車窓右手に見える深い緑に覆われた高麗山です。
 江戸時代までは山全体が高麗寺の霊域として保護されてきたことから、多種多様な自然の宝庫となっており、神奈川県の天然記念物に指定されています。
 また、大磯町で最も標高の高い鷹取山は、徳川家康がこの山で鷹を取り押さえたことから名づけられたとされ、ほかにも相模の五社の神輿が集まり伝統の神事(国府祭:こうのまち、座問答:ざもんどう)が行われる神揃山や、県立大磯城山公園、万台こゆるぎの森などの緑が人々の心を和ませています。

歴史と文化の散歩道 史跡・文化財

焼いている写真

 大磯町には数多くの遺跡があり、発掘調査などによって多くの資料が出土しています。古代には相模国の中心地として国府が置かれ、『曽我物語』で知られる曽我十郎と大磯の遊女虎との伝説を偲ぶ史跡も少なくありません。東海道の宿場として大いに賑わった 江戸時代、海水浴場の開設に伴って東京近郊のリゾートとして各界の要人たちの別荘が建ち並んだ明治時代など、各時代ごとに花開いた特徴的な文化の面影が随所に遺されています。
 また、国の重要無形民俗文化財に指定されている小正月行事の左義長をはじめ、相模国の有力神社が集まる国府祭、豊漁を願う御船祭、子どもたちによって受け継がれてきた西小磯の七夕行事など、四季を通じて行われているさまざまな民俗行事は、人々が守り育んできた文化や暮らしぶりを伝えています。

ページの先頭へ